「おやじネットワーク」に食い込むメリット

「おやじ村の一員」になることが、出世につながる

男女雇用機会均等法の施行から27年が経ち、ビジネス界で女性と男性が競うのは当たり前になりつつある。しかし、他の先進国と比べると、日本の女性管理職の比率は低いままだ。「なぜ女性は出世できないのか」「どうすれば女性は出世できるのか」――。『抜擢される人の人脈力』の著者である岡島悦子プロノバ社長が、自らの半生やヘッドハンターとしての経験を基に、 出世のために知っておくべき掟をつづる。

女性の知らない、男性のアンダーグラウンド活動

女性が出世しにくい理由のひとつに、いわゆる「オールド・ボーイズ・ネットワークの存在」があるかと思います。

この「オールド・ボーイズ・ネットワーク」とは社内外の公式、非公式の組織や人脈のことを指します。社内の派閥、飲み仲間、業界の勉強会、経営者団体等々、形態や目的はさまざまです。男性はたいてい一人で複数のグループに属しており、お互いに情報交換をしたり、時には仕事上の便宜を図ったりしています。このアンダーグラウンドの活動が社内政治を制することさえあるほどです。しかしほとんどの場合、女性はこれらのグループのメンバーではありません。

日本人には「内」と「外」を厳密に区別するところがあります。「内輪」の人には気を許して本音を言うけれど、そうでない人には警戒して建前しか言いません。内輪のメンバーである男性に対しては「こいつは俺の弟子だから、いろいろと教えてやろう」とか、「社内で引き上げてやろう」となりやすい。その点、「内輪」に入っていない女性は非常に不利になってしまいます。

わかりやすい一例をあげてみましょう。たとえば、社内会議での席順。自由席という企業も多いかとは思いますが、それでも経営会議などの席順は事務局が作成している、という企業も多いかと思います。会議の目的によっては、役職に加え、部署の序列、入社年次、部署や個人同士の親密さ、意見の強弱など、さまざまな要素を勘案して席順を作成しなければならないケースがあります。

こういう場合、「おやじ村の一員」と見なされていれば、「わかっていないな」と叱られつつも、「あの人は大学院卒だから換算年次はこの人より上だよ」などと赤入れの背景などを説明してもらえます。こうした共通体験の中から、暗黙知を学びとっていける訳です。

次ページおやじ村の掟を知らず、私が犯した失敗
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナウイルスの恐怖
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 財新
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
新型肺炎の「致死率」<br>武漢だけ突出する理由

新型肺炎による死亡者は、湖北省、とくに武漢に集中しており、致死率は他の省を圧倒しています。この理由と背景は? 本誌デジタル版では、現地から果敢な報道を続ける中国「財新」特約の連載「疫病都市」を配信しています。