電通”クリエイター母”の、超「達観」語録

男だろうが女だろうが、子供がいようがいまいが……

「私と夫、両方の親に、育児のかなりを頼っているので、彼女たちの人生をそんなに侵食していいのかという気はしているし、上長やチームのメンバーにも配慮してもらっているので、申し訳ない気持ちはいつもある」

やっぱり、男性の労働時間は長い

周囲の協力に恵まれ「不満はない」と言うが、母親ばかりが罪悪感を感じずにはいられない日本の育児環境には、一抹の疑問を感じてもいる。

「日本では子どもを産んだ女性が職場復帰するインフラは、かなり整ってきたのだと思います。ただ、男性の長時間労働はどうなんだろうという気がします。

私の夫も、昔は一切、家事をやりませんでしたが、今はお茶碗も洗ってくれるし、かなり協力的です。ということは、実は家事をやりたくなかったのではなく、長時間労働で疲れて、やれなかっただけではないかと。

育休だって、男性も取るのが当たり前の習慣になれば、取っていたかもしれません。せっかく子育ては面白いものなのに、男性があまり子どもを見られないのは残念です。男性も、もうちょっとフレキシブルに働けるバックグラウンドができたらいいなと思います」

今後は、仕事でも「自分の子ども」と思える代表作をまだまだたくさん生み出したいし、実生活でも2人目の子どもが欲しいと語る。

実際、「人生年表」をエクセルで作ってみた。だが、それと同時に、キャリアも私生活も「計画どおりにはいかない」ことも知っている。

次ページ両立のカギはやはり…
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 30歳とお金のリアル
  • グローバルアイ
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
睡眠研究で世界を牽引<br>ひと烈風録 柳沢正史

ヒトはなぜ眠るのか。永遠の謎とされる睡眠の基礎科学の分野で、世界のトップを走るのが柳沢正史筑波大学教授だ。睡眠物質や眠気遺伝子の発見、重要なタンパク質同定などの実績を上げ、睡眠の謎解明まであと一歩に迫る研究熱中人生をなぞる。