電通”クリエイター母”の、超「達観」語録

男だろうが女だろうが、子供がいようがいまいが……

「私と夫、両方の親に、育児のかなりを頼っているので、彼女たちの人生をそんなに侵食していいのかという気はしているし、上長やチームのメンバーにも配慮してもらっているので、申し訳ない気持ちはいつもある」

やっぱり、男性の労働時間は長い

周囲の協力に恵まれ「不満はない」と言うが、母親ばかりが罪悪感を感じずにはいられない日本の育児環境には、一抹の疑問を感じてもいる。

「日本では子どもを産んだ女性が職場復帰するインフラは、かなり整ってきたのだと思います。ただ、男性の長時間労働はどうなんだろうという気がします。

私の夫も、昔は一切、家事をやりませんでしたが、今はお茶碗も洗ってくれるし、かなり協力的です。ということは、実は家事をやりたくなかったのではなく、長時間労働で疲れて、やれなかっただけではないかと。

育休だって、男性も取るのが当たり前の習慣になれば、取っていたかもしれません。せっかく子育ては面白いものなのに、男性があまり子どもを見られないのは残念です。男性も、もうちょっとフレキシブルに働けるバックグラウンドができたらいいなと思います」

今後は、仕事でも「自分の子ども」と思える代表作をまだまだたくさん生み出したいし、実生活でも2人目の子どもが欲しいと語る。

実際、「人生年表」をエクセルで作ってみた。だが、それと同時に、キャリアも私生活も「計画どおりにはいかない」ことも知っている。

次ページ両立のカギはやはり…
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT