電通”クリエイター母”の、超「達観」語録 男だろうが女だろうが、子供がいようがいまいが……

印刷
A
A

「私と夫、両方の親に、育児のかなりを頼っているので、彼女たちの人生をそんなに侵食していいのかという気はしているし、上長やチームのメンバーにも配慮してもらっているので、申し訳ない気持ちはいつもある」

やっぱり、男性の労働時間は長い

周囲の協力に恵まれ「不満はない」と言うが、母親ばかりが罪悪感を感じずにはいられない日本の育児環境には、一抹の疑問を感じてもいる。

「日本では子どもを産んだ女性が職場復帰するインフラは、かなり整ってきたのだと思います。ただ、男性の長時間労働はどうなんだろうという気がします。

私の夫も、昔は一切、家事をやりませんでしたが、今はお茶碗も洗ってくれるし、かなり協力的です。ということは、実は家事をやりたくなかったのではなく、長時間労働で疲れて、やれなかっただけではないかと。

育休だって、男性も取るのが当たり前の習慣になれば、取っていたかもしれません。せっかく子育ては面白いものなのに、男性があまり子どもを見られないのは残念です。男性も、もうちょっとフレキシブルに働けるバックグラウンドができたらいいなと思います」

今後は、仕事でも「自分の子ども」と思える代表作をまだまだたくさん生み出したいし、実生活でも2人目の子どもが欲しいと語る。

実際、「人生年表」をエクセルで作ってみた。だが、それと同時に、キャリアも私生活も「計画どおりにはいかない」ことも知っている。

次ページ両立のカギはやはり…
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT