実録・上司からの困ったプレゼント!

一応お礼は言いますが、本音はNGです

こんにちは、太田彩子です。バレンタインデーも終わり、そろそろかわいい女性部下にお返しを考え始めている頃でしょうか。そこで今日は営業部女子課のアンケートで集めた「男性上司からもらって正直、困ったもの!」をお知らせしたいと思います。

本当にあった困ったプレゼント

はたして女性部下は男性上司から、どのような「困ったプレゼント」をもらったのでしょうか?どうやらこのリサイクルショップにあるらしいという情報を聞いて来たのですが・・・

「いらっしゃいませ」

「私はこの骨董屋を営んでおります。ステキな女性たちが持ち込んだ、最高の想い出の品々を紹介いたします」

なるほど。男性上司からもらった「いらないもの、困るもの」を収集しているということなのですね。それでは早速、店内を見せてもらいましょう。まずは「食べ物」のコーナーですね。いったいどのようなものが「もらって困る食べ物」として持ち込まれたのでしょうか?

「まずはこちらです。プレゼントされたとき、すでに賞味期限が切れていたお菓子です」

うーん、贈り主の男性上司は完全に気づいていなかったようですね。きっと他所からもらって余ったお菓子をくれたんだろうな、というのがバレバレです。せっかく頂いても、何だか残念な気持ちに包まれます。ほかには、どのようなお菓子があるのでしょうか?

あ、これはチョコレートでしょうか?

「お目が高い。このチョコレートは、女性部下がバレンタインデーに渡したものと、まったく同一な品物です。それを何とホワイトデーにプレゼントされたのだそうです」

それって、そのまま返却?? それは困るというか、ショックです。「嫌がらせジョークチョコ」ではないのならば、大人のエチケットとして、紳士的な対応を望むところですね。だって女性は記憶に強い生き物ですから。

次ページ摩訶不思議!ポエム付きクッキー
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT