なぜ日本の女性はディズニーが好きなのか

ウォルト・ディズニー・ジャパン ポール・キャンドランド社長に聞く

ディズニーにとって「世界のアンテナショップ」といえる店が千葉県柏市にある。初めての若い女性向け店であり、坪当たり売り上げは世界トップクラスだ。なぜディズニーは「世界のアンテナショップ」を日本に創ったのか。ウォルト・ディズニー・ジャパンのポール・キャンドランド社長にその理由を聞いた。
1958年米国生まれ。94年沖縄ペプシコーラ社長、98年日本ペプシコーラ社長。同年11月に代表取締役としてディズニーストア・ジャパンに移り、2002年からテレビ部門を統括。07年6月から現職。

関連記事:日本発の大人戦略 ディズニーストアが復活

日本の消費トレンドは世界に伝播する

日本の女性はなぜディズニーが好きか、いつも聞かれる。僕はハートが若いからだと思う。40~50代でも気持ちが若い。そのうえ、どんな世代でもディズニーとの思い出を持っている。ディズニーのブランド定義は「エンターテインメント・ウィズ・ハート」。ディズニーストアも単なる小売業ではなく、エモーショナルなビジネスだ。

大人戦略のきっかけは、2000年代初頭。僕は当時ストア部門を統括しており、若い女性をターゲットにしたら売り上げが2割以上伸びた。実際にゲストの喜ぶ顔を見て、体験していることが大きい。

実際には約3年前、ユニクロなどファッションのライセンス商品からスタートした。時間がかかったのは、クリエーティブ能力の開発に力を注いだから。僕は社内で「すべてはクリエーティブからスタートする」と言っている。パートナーの力も借りながら、日本人のための独自コンテンツを開発する。5~6年前、クリエーティブブック(デザインコンセプトを示した冊子)はすべて米国製だったが、昨年は日本独自で80冊も発刊した。

大人戦略はストアだけでなく、テーマパークや携帯電話などでも手掛けている。昨年3月開局したBSチャンネル「D-life」は30~40代女性がメインターゲット。ゲストはディズニーを「360度体験」できる。こうした部門間シナジーも、ディズニーの強みだ。

YAF(18〜29歳の女性)向け店舗は世界初の取り組みだったが、米国本社とのやり取りはとてもスムーズだった。米国本社も、日本の大人戦略を理解している。今後は欧米や中国でも高齢化が進む。その点で日本は先端事例であり、日本で試すことがディズニー全体の戦略の参考になる。

日本の大人戦略は世界の先駆けだ。バリュー・フォー・マネーやハートの若さなど、日本と似た消費トレンドが他国でも出てくることは間違いない。

(撮影:今井康一) (週刊東洋経済2013年2月9日号)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「生活定点」で振り返る平成
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。