東京ディズニー、30周年待たず過去最高

ダメ押しはスプリングヴォヤッジ前倒し

ディズニーはやっぱり強かった――。

4月からの「東京ディズニーリゾート(TDR)」開業30周年イベントを前に、TDRを運営するオリエンタルランドは、今2013年3月期の入場者数や業績について、やや控えめな計画を変えていない。

しかし、オリエンタルランドが1月30日に発表した12年4~12月期(第3四半期までの9カ月合計)の決算数字を見るかぎり、30周年の来期を待たずに、入場者数も利益も前倒しで過去最高を更新してしまいそうな勢いだ。

トイ・ストーリー、ダッフィーの新イベントが貢献 

東洋経済では今回の12年4~12月期決算を受けて、売上高は過去最高だった09年3月期の3892億円を4期ぶりに更新、営業利益は前12年3月期に続き過去最高を更新する可能性が高まったと見ている。

12年4~12月期は売上高が3051億円(前年同期比13.1%増)、営業利益が733億円(同29.1%増)、純利益が468億円(同73.1%)と、第3四半期までの合計数字としては、いずれも過去最高を更新した。

前12年3月期は東日本大震災直後で休園を余儀なくされたのに対して、今期は期初から通常状態に復帰。TDRを構成する2パークのうち、東京ディズニーシー(TDS)で12年7月に開業した新アトラクション「トイ・ストーリー・マニア!」が夏場以降の集客を大きく牽引したほか、TDSの「スプリングヴォヤッジ」(4~6月)、東京ディズニーランド(TDL)の「夏祭り」(7~8月)など季節イベントの新設が、首都圏客を中心としたリピーター需要を大きく盛り上げた。

次ページ春休み集客の秘策は
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • グローバルアイ
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT