オリエンタルランドの秘密

「最強のサービス企業」はこうして創られる 

今年8月中旬、株式市場で“異変”が起きた。東京ディズニーリゾートを運営するオリエンタルランドの株価が1万円台乗せを達成。大台回復は実に12年ぶりのことだった。

同社株上昇は、好業績の内需銘柄買いの流れに乗ったもの。東京ディズニーランド(TDL)と東京ディズニーシー(TDS)の集客は順調で、今年4~9月の入園者数は1325万人と上半期では過去最高を記録した。2013年3月期通期は5期連続営業増益達成の公算が大きい。

04年から約6年間、同社の株価はほぼ一貫して6000~7000円台前半で推移していた。下値を割り込むと、株主優待で提供しているパークの入場券、「ワンデーパスポート」狙いの買いが入る。反面、上値が重かったのは、成長性に対して懐疑的な見方が多かったためだ。

東京の中心部から程近い千葉県浦安市舞浜の地で、1983年開業のTDLに次ぐ第2パークとしてTDSが産声を上げたのは01年9月。隣接地には「ホテルミラコスタ」が同時オープンし、舞浜の土地は手狭になった。「一極集中の状態を打破しなければ、成長余地は限られる」。TDSの開業当時、多くのアナリストがそう指摘していた。

あれから11年。「脱舞浜」は今もなお経営課題として残る。にもかかわらず、株価が大幅な上方への水準訂正を演じたのはなぜか。「舞浜」の潜在力の大きさに、投資家が気づき始めたからではないだろうか。

次ページ開業から10年、TDSの変身
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 財新
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT