オリエンタルランドの秘密

「最強のサービス企業」はこうして創られる 

我慢があったから今の好調がある

ならば、もっと早くTDSのディズニー色を強めるべきだったのではないか。そう考えるのは早計だ。「我慢の時期があったからこそ、今のTDSの好調がある」(佐藤部長)。始めからTDSにディズニーキャラクターを多く登場させていたら、それこそカニバリが起きたはずだ。まず「大人のパーク」というコンセプトを確立したうえで、ファミリーの要素を加えていく。そうして初めて「TDLと違う楽しみ方を提供できる」(同)。

TDS10周年の目玉として昨春導入された夜のエンターテイメント「ファンタズミック!」(写真・上)。27ものディズニーキャラクターが登場するショーだが、TDSらしさも忘れていない。「水上でしかできない演出手法、さらに本物感やスケール感というTDSのコンセプトは踏襲した」(林諭・エンターテイメント本部副本部長)。

今年7月の導入時に「500分待ち」の行列ができた「トイ・ストーリー・マニア!」(写真・下)も同様だ。ファミリー向けのアトラクションでありながら、外観を「古きよきアメリカ」のイメージに作り上げ、TDSとの調和を図った。

次ページテーマパークは足し算ではできない
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT