東京ディズニー、入場者3000万人に近づく

13年度は“30周年”効果で連続更新へ

注目を集めていた東京ディズニーリゾート(TDR)の前2012年度の入園者数は、過去最高だった08年度の2722.1万人を4年ぶりに上回り、新記録を更新した。

TDRを運営するオリエンタルランドは、TDRを構成する東京ディズニーランド(TDL)と東京ディズニーシー(TDS)の2パークの合計入場者数が、2012年度(12年4月~13年3月)は2750.2万人に達したと4月1日に発表した。

東日本大震災が上半期に大きく響いた2011年度の2534.7万人に比べて、12年度は実に8.5%増という大きな伸びを示したことになる。

期初と期末、「スプリングヴォヤッジ」が2度貢献

これまでの入場者最高記録は、開業25周年を迎えた08年度の2722.1万人。1年を通しての25周年記念イベントの実施や、オリエンタルランドが直営する東京ディズニーランドホテルの開業(08年7月)などにより、来場頻度の多くない首都圏以外のゲストを掘り起こせたことが入場者数の更新につながった。

一方、前2012年度は、会社側の期初計画では年間入場者数2630万人と控えめだった。

ただ、上半期(12年4~9月)は新イベント「ミッキーとダッフィーのスプリングヴォヤッジ」(12年4月3日~6月30日)や、新アトラクション「トイ・ストーリー・マニア!」(12年7月9日オープン)が寄与。同期間としては過去最高の1325万人を記録した。

次ページ13年度2900万人は可能?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ルポ「ホームレス」
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。