オリエンタルランド、「脱ディズニー」へ一手

ブライトンホテル買収で西日本にも足場

東京ディズニーリゾート(TDR)の開業30周年イベントのスタートを4月に控えたオリエンタルランド(OLC)が、早くも「ポスト30周年」に向けた布石を打つ。

OLCは3月29日付で、長谷工コーポレーションからホテル運営子会社のブライトンコーポレーションを買収する。買収金額総額は、ブライトンの株式(約5億円)に加え、その借入金(100億円台後半)を肩代わりすることから、合計で100億円台後半程度。OLCの100%出資するミリアルリゾートホテルズが子会社化するため、OLCにとっては孫会社となる。

新浦安の「パートナーホテル」を取得

ブライトンは、TDRのパートナーホテルでもある浦安ブライトンホテル(千葉県浦安市、JR新浦安駅前)の運営会社。そのほか、京都ブライトンホテル(京都市上京区)、ホテルブライトンシティ京都山科(京都市山科区)、ホテルブライトンシティ大阪北浜(大阪市中央区)を含め、計4ホテルを展開している。

このうち、浦安ブライトンホテルと京都ブライトンホテルについては、「婚礼や宴会、レストランなども含め、ハイクオリティな総合サービスを提供するラグジュアリーホテルであり、当社グループが舞浜で展開している3つのディズニーホテルに近い」とOLC側では評価する。

「ディズニーホテル」とは、ミリアルリゾートが浦安市舞浜のTDRエリアで直営する、ディズニーアンバサダーホテル、東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ、東京ディズニーランドホテルの3ホテル。

TDRのエリアには、このほかホテルオークラ東京ベイ、サンルートプラザ東京、ヒルトン東京ベイ、東京ベイ舞浜ホテル、東京ベイ舞浜ホテルクラブリゾート、シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテルといった、OLC系ではない6つの「オフィシャルホテル」が立地する。

次ページ浦安ブライトンにミッキーは来る?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「賃料補助」は焼け石に水<br>飲食店を追い込む“遅い政治”

多くの飲食店経営者が自粛要請に応じています。政治に求められるのは救済プランの素早い策定ですが、与野党案が固まったのは5月8日。せめて第1次補正予算に盛り込まれていれば――。永田町の主導権争いが、立場の弱い人たちを苦しめています。