オリエンタルランド、「脱ディズニー」へ一手

ブライトンホテル買収で西日本にも足場

東京ディズニーリゾート(TDR)の開業30周年イベントのスタートを4月に控えたオリエンタルランド(OLC)が、早くも「ポスト30周年」に向けた布石を打つ。

OLCは3月29日付で、長谷工コーポレーションからホテル運営子会社のブライトンコーポレーションを買収する。買収金額総額は、ブライトンの株式(約5億円)に加え、その借入金(100億円台後半)を肩代わりすることから、合計で100億円台後半程度。OLCの100%出資するミリアルリゾートホテルズが子会社化するため、OLCにとっては孫会社となる。

新浦安の「パートナーホテル」を取得

ブライトンは、TDRのパートナーホテルでもある浦安ブライトンホテル(千葉県浦安市、JR新浦安駅前)の運営会社。そのほか、京都ブライトンホテル(京都市上京区)、ホテルブライトンシティ京都山科(京都市山科区)、ホテルブライトンシティ大阪北浜(大阪市中央区)を含め、計4ホテルを展開している。

このうち、浦安ブライトンホテルと京都ブライトンホテルについては、「婚礼や宴会、レストランなども含め、ハイクオリティな総合サービスを提供するラグジュアリーホテルであり、当社グループが舞浜で展開している3つのディズニーホテルに近い」とOLC側では評価する。

「ディズニーホテル」とは、ミリアルリゾートが浦安市舞浜のTDRエリアで直営する、ディズニーアンバサダーホテル、東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ、東京ディズニーランドホテルの3ホテル。

TDRのエリアには、このほかホテルオークラ東京ベイ、サンルートプラザ東京、ヒルトン東京ベイ、東京ベイ舞浜ホテル、東京ベイ舞浜ホテルクラブリゾート、シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテルといった、OLC系ではない6つの「オフィシャルホテル」が立地する。

次ページ浦安ブライトンにミッキーは来る?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT