東京ディズニー、30周年の“目玉商品”は

限定販売がファンの購買意欲をそそるか

4月からの30周年を「ミッキーとダッフィーが一足先にお祝いする」との触れ込みで、東京ディズニーシーの春イベント「ミッキーとダッフィーのスプリングヴォヤッジ」が3月18日に始まった。

開業30周年イベントを間近に控えた東京ディズニーリゾート(TDR)。4月15日~来年3月20日の340日間、ほぼ1年にわたって、TDRを構成する東京ディズニーランド(TDL)、東京ディズニーシー(TDS)とも、30周年一色で埋め尽くされる。

その30周年を前に、TDRを運営するオリエンタルランド(OLC)は、30周年特別記念商品として、厳選11アイテムの予約販売を4月1日から始めることを発表した。

どこまで売れる? 30個限定&30万円のネックレス

11アイテムの中で目玉商品といえるのが、ダイヤモンドでミッキーマウスのシルエットをあしらった「ダイヤモンドネックレス」(写真)。価格も今回発表された中では最も高額な30万円(消費税込み、以下同じ)であり、販売数量は30個に限定されている。

このネックレスは有名ジュエリーブランド『4°C』とコラボしたもの。ダイヤの大きさはミッキーの“顔”(ネックレスを構成する3つの円のうち大きな円)の部分が0.5カラット、“耳”(小さな2つの円)の部分にはめ込まれたダイヤ2個も含めた合計3個で0.7カラットあり、ダイヤの枠とチェーンにはプラチナが使われている。

次ページ15万円のフィギュアケースも
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 食べれば世界がわかる!カレー経済圏
  • 北朝鮮ニュース
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 離婚のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
進撃の商社<br>純利益1兆円への野望

資源価格の反発で総合商社の業績は絶好調、非資源での新規ビジネス創出にも余念がない。純利益1兆円突破への期待も出てきた今、商社の実力を総点検する。5大商社のトップがそろい踏み、「人材編」にはイラストで各社のキャラ解説も。