東京ディズニー、30周年の“目玉商品”は

限定販売がファンの購買意欲をそそるか

4月からの30周年を「ミッキーとダッフィーが一足先にお祝いする」との触れ込みで、東京ディズニーシーの春イベント「ミッキーとダッフィーのスプリングヴォヤッジ」が3月18日に始まった。

開業30周年イベントを間近に控えた東京ディズニーリゾート(TDR)。4月15日~来年3月20日の340日間、ほぼ1年にわたって、TDRを構成する東京ディズニーランド(TDL)、東京ディズニーシー(TDS)とも、30周年一色で埋め尽くされる。

その30周年を前に、TDRを運営するオリエンタルランド(OLC)は、30周年特別記念商品として、厳選11アイテムの予約販売を4月1日から始めることを発表した。

どこまで売れる? 30個限定&30万円のネックレス

11アイテムの中で目玉商品といえるのが、ダイヤモンドでミッキーマウスのシルエットをあしらった「ダイヤモンドネックレス」(写真)。価格も今回発表された中では最も高額な30万円(消費税込み、以下同じ)であり、販売数量は30個に限定されている。

このネックレスは有名ジュエリーブランド『4°C』とコラボしたもの。ダイヤの大きさはミッキーの“顔”(ネックレスを構成する3つの円のうち大きな円)の部分が0.5カラット、“耳”(小さな2つの円)の部分にはめ込まれたダイヤ2個も含めた合計3個で0.7カラットあり、ダイヤの枠とチェーンにはプラチナが使われている。

次ページ15万円のフィギュアケースも
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • トクを積む習慣
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ANAが希望退職実施へ<br>雇用維持貫くJALとの差

ANAホールディングス傘下の全日本空輸は10月7日、退職金の割り増しによる希望退職の募集を労働組合に打診。一方の日本航空(JAL)は同日に開かれた定例会見で、人員削減の考えはないと明言。両社で対応が分かれた要因とは。

東洋経済education×ICT