東京ディズニー、30周年の“目玉商品”は

限定販売がファンの購買意欲をそそるか

TDSの季節イベント「ミッキーとダッフィーのスプリングヴォヤッジ」の一幕。ダッフィー(写真中央の左)とシェリーメイ(同・右)の関連グッズは、TDSにおける各種イベント期間中の限定販売品として人気が過熱している。

チケット収入についてはこの間、2011年4月にチケット値上げをした効果により、多少の伸びが見られた。とはいえ、1回の入場に必要なチケットはあくまで1枚であることから、再度の値上げをしたり、期間限定の学割チケットなどの頻度を減らしたりしないかぎり、1人当たりチケット収入が今後大きく増える可能性はない。

また、飲食販売収入については、これも胃袋の大きさには限度があることから、1人当たりでは横ばいぎみで推移している。OLCでは、持ち歩きながら食べられる「ワンハンドメニュー」を充実させることなどにより、飲食販売収入の底上げを狙っている。

ダッフィー関連など限定グッズが人気過熱

一方、商品販売は、チケット収入や飲食販売収入に比べて、ゲスト1人当たりの消費量に制約が少ない。1人当たり単価の向上を狙うとしたら、まさにこのグッズ販売をいかに伸ばすかに懸かってくる。

OLCでは、通常のグッズ販売のほか、TDLとTDSで年間合わせて10回以上行っている季節イベントのたびごとに、期間限定のグッズを発売している。

たとえばTDSで3月18日から始まった春の季節イベント「ミッキーとダッフィーのスプリングヴォヤッジ」では、TDS独自の熊キャラクターである「ダッフィー」とそのガールフレンド「シェリーメイ」に春めいた装いをさせた人形などを期間限定で販売している。

ダッフィー関連グッズは日本国内ではTDSでしか買えないうえ、スプリングヴォヤッジ期間中の限定販売とあって、店頭では“くま狩り”と称されるほどの人気過熱ぶりを見せている。

次ページアベノミクスも追い風になるか
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激突! アサヒvs.キリン<br>「正反対」のビール戦略

2020年に豪州最大のビール会社を買収するアサヒグループHD。国内縮小を見越し「スーパードライ」集中でグローバル化を強化する。一方、キリンHDは化粧品・健康食品のファンケル買収などで多角化を推進。正反対の戦略の成否は? 両社トップに聞く。