マンチェスターUは、ディズニーに学ぶ

アジア部門責任者、ジェイミー・リーグル氏に聞く

カゴメとの提携を発表したマンチェスター・ユナイテッド。写真左は往年の名ストライカー、アンディ・コール。

世界の“マンUファン”は、6億5900万人

いかに国内だけでなく、国外の市場から利益を生み出すか――。それが成功の鍵になるのは、サッカー界もビジネス界と同じだ。

そんなグローバルビジネスにおいて、ほかのサッカークラブを大きくリードしているのが、イングランドの名門マンチェスター・ユナイテッド(以下マンチェスターU)である。

ユニフォームの胸スポンサーはアメリカの保険関連会社AONで、1年間の契約料は約30億円。ほかにもスポンサーの看板には、トルコのトルコ航空、スイスのウブロ、イギリスのトーマス・クック、ドイツのDHL、アメリカのシボレーなどが名を連ね、実に国際色豊かだ。

そしてマンチェスターUの最大の強みは、アジアでの圧倒的な人気である。クラブの調べによると、世界に6億5900万人の“マンUファン”がおり、そのうち3億2500万人がアジアにいるという。それゆえにこの名門クラブは、アジアを「第2のホーム」と呼んでいるのだ。

その人気が追い風となり、アジアの多くの企業がマンチェスターUのスポンサーになっている。日本のエプソン、ヤンマー、関西ペイント、東芝メディカルシステムズ、カゴメ、タイのビール会社シンハー、マレーシアの通信会社テレコム・マレーシア、香港の通信会社PCCW、バーレーンとクウェートの通信会社VIVAなど、錚々たる企業が並ぶ。これほどアジア全域からスポンサー収入を得ているクラブはマンチェスターUだけだ。

この絶対的な優位をさらに強めるために、マンチェスターUは2012年春、ヨーロッパのクラブとして初のアジアオフィスを香港に開設した。

いったい彼らは、どんなアジア戦略を描いているのか? 

次ページ参考にしているのは、ディズニー
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 東京「夢見る女子」の生態
  • コロナショックの大波紋
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。