マンチェスターUは、ディズニーに学ぶ アジア部門責任者、ジェイミー・リーグル氏に聞く

拡大
縮小

――マンチェスターUのHPを見ると、ホンダがタイにおけるオートバイのスポンサーになっていました。

タイ限定のパートナーシップです。ホンダはマンチェスターUモデルのオートバイをタイで1万台発売し、一般的なものより高めの値段にもかかわらず、すぐに完売しました。ディーラーが販売促進に使っているそうです。

逆にシンハーの場合、97%がタイ国内で販売されているんですが、彼らはグローバルスポンサーになりました。マンチェスターUのブランド力を利用して国外でも売りたいと考えているからです。

そのほかには『アフィニティプログラム』というスポンサーシップがあって、各国のクレジット会社がマンチェスターUのロゴを使用しています。日本では新生銀行がその例です。マレーシアのメイバンクは、当初5万人の加入者を目標にしていたところ、わずか6カ月で30万人集まりました。

――たくさんのパートナーを作ることで、クラブの収益アップが見込めるわけですね。

イングランドのサッカーは競争の激しい世界なので、選手の質を上げるために、自立的に収益を上げることが不可欠です。

あえて名前を挙げませんが、オーナーがどんどんお金を出して、選手を買うというスタイルを私たちはとりません。継続して新しいやり方を考えて、ビジネスとして確立する。そしてその収益を元に、香川選手のような新しい選手を買うのです。資金が集まればチームが強くなり、チームが勝ち、ブランドがアップします。そのいいサイクル、好循環を生み出すことが私たちの目標です。

(撮影:今井康一)

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT