ディズニーシー、ダッフィーなぜバカ売れ?

スプリングヴォヤッジを半月早めたワケ

東京ディズニーシーの春イベント「スプリングヴォヤッジ」の一幕

「“くま狩り”ですごいことになってる」――。3月18日、東京ディズニーシー(TDS)のメディテレーニアンハーバー前にあるショップのレジに並んだゲストたちが、こんな会話を交わしていた。

“くま”とは、TDSのオリジナルキャラクター「ダッフィー」とそのガールフレンド「シェリーメイ」のこと。

レジ前には、春休み中の高校生や大学生、有給休暇を取ってきたOLなどと思われる“ディズニー女子”たちが、長蛇の列を作っていた。店舗の壁際には春めいた装いをしたダッフィーとシェリーメイのストラップ人形が大量に展示されていたが、ゲストたちが殺到し、瞬く間に品薄になっていく。まさに“くま狩り”の様相だ。友人などへのお土産を含めて大量にダッフィー関連のグッズを買うためか、1人で1万円以上支払うケースも少なくない。

3月18日は土・日曜日でも祝日でもない、ただの平日の月曜日。にもかかわらず、TDSのショップがこんなににぎわったのは、なぜか。

「スプリングヴォヤッジ限定」が人気呼ぶ

TDSのショップが集中するエリア。ダッフィー関連グッズはこの奥にある「ガッレリーア・ディズニー」などで販売されている

実はこの日はTDSの春の季節イベント「ミッキーとダッフィーのスプリングヴォヤッジ」の初日だった。ダッフィーとシェリーメイのグッズを日本国内で買えるのはTDSの中だけであり、隣接する東京ディズニーランド(TDL)内でさえ販売はされていない。

そのダッフィーとシェリーメイが、スプリングヴォヤッジの期間中は、特別仕様のコスチュームで売られる。ただでさえ販売場所の限定された人気グッズが、しかも期間限定でしか手に入らないバージョンで売り出される。ダッフィー好きが殺到するのも無理はない。

次ページ望遠レンズ構えるディズニー女子
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • iPhoneの裏技
  • コロナ戦争を読み解く
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
老舗「レナウン」が経営破綻<br>アパレル淘汰・再編の序章

名門アパレルのレナウンが民事再生の手続きに入りました。親会社「山東如意」が再建に見切りをつけ、新たなスポンサー探しは難航が予想されます。ほかのアパレルも店舗閉鎖や売り場撤退が予定され、百貨店に多大な影響が出そうです。