東京ディズニー、30周年の“目玉商品”は

限定販売がファンの購買意欲をそそるか

希少感のあるグッズを手に入れるために、コアなディズニーファンのリピーター需要が促され、それがTDRの入場者数を押し上げるという側面もあるようだ。

30周年では数量限定グッズ含め、約600アイテムも

そうした季節イベント以上に、商品販売の面でも大きな盛り上がりが期待できるのが、周年イベントだ。

4月から始まる30周年イベントでは、OLCは今回発表した厳選11アイテムを含め、約600のスペシャルグッズを用意。11アイテムのほかにも、TDLとTDSの各パークに5カ所ずつある“ハピネス・シェアポケット”でとっておきの“ハピネス体験”ができる「ハピネスシェアペンダント」(2500円)のほか、「ミッキーとミニーのぬいぐるみバッジ」(各1500円)、「ダッフィーとシェリーメイのスペシャルグッズ」(各種、TDS限定販売)などを発売する予定だ。

25周年を迎えた2008年度は年度の後半、リーマンショックが日本経済に襲いかかったにもかかわらず、TDRは過去最高の入場者数(2722万人)を記録し、OLCの業績も売上高と営業利益が過去最高を更新した。

足元の勢いから見れば、30周年の来2013年度も入場者数と業績の過去最高更新はほぼ確実に見える。アベノミクスによる消費景気の盛り上がりも追い風となる中、その記録をどこまで伸ばすことができるか。そこでは、30周年イベント限定の記念グッズも、大きな役割を果たしそうだ。

(30周年記念アイテム3点の写真は(C)Disney、スプリングヴォヤッジの模様は尾形文繁撮影)


 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • インフレが日本を救う
  • 令和の新教養
  • 就職四季報プラスワン
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ビジネスに効く<br>最強の健康法

現代人の大きな悩みである健康。多忙なビジネスパーソンのため、すぐに実践でき即効性がある健康法を厳選。糖質制限簡易版に加え「ゾンビ体操」「これだけ体操」を大きなイラスト入りで紹介。健康経営、健康ビジネスに踏み出す企業も満載。