東京ディズニー、30周年待たず過去最高 ダメ押しはスプリングヴォヤッジ前倒し

拡大
縮小

一方、前期はTDSの開業10周年イベントが11年10月~12年3月に行われたことで入場者数が底上げされ、開業イベント関連のグッズ販売も拡大。震災で休園したことによる時期振り替えの入場者数カサ上げも、11年4月の再開後から、12年3月頃までは続いたと見られる。

このため、第3四半期(12年10~12月期)の3カ月だけで見ると、売上高も営業利益も前年同期(11年10~12月期)に若干及ばない。第4四半期(13年1~3月)についても、本来は第3四半期までに計上される予定だったテーマパーク関連費用10億円が後ろにずれて発生することなどから、同期間としては過去最高だった前年同期(12年1~3月期)の売上高や営業利益には届かない可能性がある。

それでも、過去最高の売上高・営業利益・入場者数を記録した年度前半(12年4~9月期)の“貯金”は大きい。

春休み集客増へスプリングヴォヤッジ前倒し

TDSでは3月18日から、開業30周年のプレイベント的な位置づけとなる「スプリングヴォヤッジ」を昨年(4月3日から開催)よりも前倒しで開催。「前倒し開催だからといって、特に30周年の“色”を出すことはない」と会社側は説明するが、ミッキーマウスとともに、TDSの独自キャラクターといえるダッフィーが表に出てくる人気イベントだけに、書き入れ時である春休みの集客底上げ策として期待できそうだ。

次ページ来期30周年の目玉は
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT