やはり強いディズニー、入場者数更新へ

東京スカイツリーを“凌駕”

 

東京ディズニーランド(TDL)と東京ディズニーシー(TDS)からなる、「東京ディズニーリゾート(TDR)」の入場者数が想定以上に順調だ(写真はTDLのシンデレラ城)。

TDRを運営するオリエンタルランドは、今2013年3月期(12年4月~13年3月期)の年間入場者数について、期初想定の2630万人から、2710万人まで上振れしそうだと10月中旬に修正発表済み。しかし、TDRの入場者数は年度後半の10~11月に入っても会社の修正計画を上回るペースで推移しているもようだ。過去最高だった08年度の入場者数2722万人を超える可能性が高まっている。

オリエンタルランド側が、入場者数の過去最高更新を目指しているのは開業30周年に当たる来14年3月期。仮に今期の入場者数が2722万人を超えれば、その目標を1年前倒しで達成する形となる。

スカイツリーはディズニーを超えた?

3連休前の11月21日には、東武鉄道の運営する「東京スカイツリータウン」(東京都墨田区)の入場者数が5月22日の開業以来、半年で2792万人を記録し、TDRの前12年3月期の年間入場者数2535万人を早くも上回ったと一部で報じられた。東京スカイツリータウンの開業初年度(1年間)入場者数見込みも4400万人(従来は3200万人)に上方修正され、話題を呼んだ。

が、東京スカイツリータウンの入場者数には併設商業施設「東京ソラマチ」などの入場者数も含まれる。チケットを有料で買って入場する、スカイツリー本体の天望デッキ(地上350メートル)と天望回廊(同450メートル)の入場者数では、この半年間の実績で328万人、上方修正後の開業初年度見通しでも640万人(従来計画は540万人)にとどまる。

チケット代から見ても、スカイツリーの当日券(大人)が天望デッキで2000円、天望回廊で1000円であるのに対し、TDRの1デーパスポートは大人が6200円。おカネを払って入る人の数でも、顧客単価でも、やはりTDRは別格だ。

次ページ営業利益は再増額濃厚
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • この新車、買うならどのグレード?
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
これが世界のビジネス常識<br>会社とジェンダー

「ジェンダーギャップ指数ランキング2021」で日本は120位という結果に。先進7カ国中で最下位かつ、女性の社会的地位が低いとされるアフリカ諸国よりも下です。根強く残る男女格差の解消は、日本経済が再び競争力を取り戻すために必須の条件です。

東洋経済education×ICT