ディズニーシー新アトラクション「トイ・ストーリー・マニア!」

オリエンタルランドが3年ぶり100億円規模投資

ディズニーシー新アトラクション「トイ・ストーリー・マニア!」。30周年控えオリエンタルランドが3年ぶり100億円規模投資

テーマパーク「東京ディズニーリゾート(TDR)」を運営するオリエンタルランドは7月5日、「東京ディズニーシー」の新アトラクション「トイ・ストーリー・マニア!」をオープンに先立ち、報道陣に初公開した。

「トイ・ストーリー・マニア!」はディズニー/ピクサー映画の人気シリーズ「トイ・ストーリー」を題材にしたもので、トラム(2台1編成、8人乗りのライドビークル)に2人掛けで乗り込み、ウッディやバズなど映画のキャラクターたちとともに、タマゴ投げや風船割り、輪投げなどのターゲットを、各搭乗者が台座に取りつけられた“シューター”で狙い、点数を競い合うというもの。TDRの中では珍しい“シューティングゲーム”系のアトラクションだ。TDRの乗り物系アトラクションでは初となる、3D映像(搭乗前に配布される3Dメガネ着用)も使われている。

 



 同アトラクションでは、トラムに乗り込むと、「練習ブース」に続いて、「ハム&エッグ(タマゴ投げ)」「レックスとトリクシーの恐竜ダーツ(風船割り)」「グリーンアーミーメン・シュートキャンプ(お皿割り)」「バズ・ライトイヤーのフライングトーサー(輪投げ)」「ウッディのルーティン・トゥーティン・シューティン・ギャラリー(ゴム矢当て)」「ボーナス・ラウンドアップ(ゴム矢当て)」の6つのシーンを順にめぐっていく。

 

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • カラダとおカネのよもやま話
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。