ディズニーシー新アトラクション「トイ・ストーリー・マニア!」 オリエンタルランドが3年ぶり100億円規模投資

拡大
縮小
ディズニーシー新アトラクション「トイ・ストーリー・マニア!」。30周年控えオリエンタルランドが3年ぶり100億円規模投資

テーマパーク「東京ディズニーリゾート(TDR)」を運営するオリエンタルランドは7月5日、「東京ディズニーシー」の新アトラクション「トイ・ストーリー・マニア!」をオープンに先立ち、報道陣に初公開した。

「トイ・ストーリー・マニア!」はディズニー/ピクサー映画の人気シリーズ「トイ・ストーリー」を題材にしたもので、トラム(2台1編成、8人乗りのライドビークル)に2人掛けで乗り込み、ウッディやバズなど映画のキャラクターたちとともに、タマゴ投げや風船割り、輪投げなどのターゲットを、各搭乗者が台座に取りつけられた“シューター”で狙い、点数を競い合うというもの。TDRの中では珍しい“シューティングゲーム”系のアトラクションだ。TDRの乗り物系アトラクションでは初となる、3D映像(搭乗前に配布される3Dメガネ着用)も使われている。

 



 同アトラクションでは、トラムに乗り込むと、「練習ブース」に続いて、「ハム&エッグ(タマゴ投げ)」「レックスとトリクシーの恐竜ダーツ(風船割り)」「グリーンアーミーメン・シュートキャンプ(お皿割り)」「バズ・ライトイヤーのフライングトーサー(輪投げ)」「ウッディのルーティン・トゥーティン・シューティン・ギャラリー(ゴム矢当て)」「ボーナス・ラウンドアップ(ゴム矢当て)」の6つのシーンを順にめぐっていく。

 

 

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT