ディズニーシー新アトラクション「トイ・ストーリー・マニア!」

オリエンタルランドが3年ぶり100億円規模投資

ディズニーシー新アトラクション「トイ・ストーリー・マニア!」。30周年控えオリエンタルランドが3年ぶり100億円規模投資

テーマパーク「東京ディズニーリゾート(TDR)」を運営するオリエンタルランドは7月5日、「東京ディズニーシー」の新アトラクション「トイ・ストーリー・マニア!」をオープンに先立ち、報道陣に初公開した。

「トイ・ストーリー・マニア!」はディズニー/ピクサー映画の人気シリーズ「トイ・ストーリー」を題材にしたもので、トラム(2台1編成、8人乗りのライドビークル)に2人掛けで乗り込み、ウッディやバズなど映画のキャラクターたちとともに、タマゴ投げや風船割り、輪投げなどのターゲットを、各搭乗者が台座に取りつけられた“シューター”で狙い、点数を競い合うというもの。TDRの中では珍しい“シューティングゲーム”系のアトラクションだ。TDRの乗り物系アトラクションでは初となる、3D映像(搭乗前に配布される3Dメガネ着用)も使われている。

 



 同アトラクションでは、トラムに乗り込むと、「練習ブース」に続いて、「ハム&エッグ(タマゴ投げ)」「レックスとトリクシーの恐竜ダーツ(風船割り)」「グリーンアーミーメン・シュートキャンプ(お皿割り)」「バズ・ライトイヤーのフライングトーサー(輪投げ)」「ウッディのルーティン・トゥーティン・シューティン・ギャラリー(ゴム矢当て)」「ボーナス・ラウンドアップ(ゴム矢当て)」の6つのシーンを順にめぐっていく。

 

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
省電力・広域通信“0G”の衝撃<br>IoT化の隠れた主役LPWA

低速ながら電池で数年動くほどの省電力で、基地局から10km以上もの広域通信が可能。 LPWAという通信方式は超高速の5Gとは対極で、関係者に「0G(ゼロジー)」と呼ばれています。検針やモニタリングなど静かな普及の現場を取材しました。