ディズニーシー新アトラクション「トイ・ストーリー・マニア!」

オリエンタルランドが3年ぶり100億円規模投資

 

そうした中で、来13年度はTDRの開業30周年の節目の年。オリエンタルランドは13年4月15日~14年3月20日に「TDR30周年“ザ・ハピネス・イヤー”」を開催すると発表済みだ。

今回100億円超を投じて開設した新アトラクション「トイ・ストーリー・マニア!」は、来年度の集客増に向けての布石の1つといえる。“ザ・ハピネス・イヤー”開始後の来年4月半ば過ぎにはさらに、今度はディズニーランドで「スター・ツアーズ:ザ・アドベンチャーズ・コンティニュー」のオープンを予定。「スター・ツアーズ~」は「トイ・ストーリー~」と同様の3Dライドアトラクションで、既存アトラクションのリニューアルながら、70億円の大型投資案件となっている。

 

 

オリエンタルランドは、今年度の年間入園者数目標を前期比50万人増の2630万人に設定。今回オープンの「トイ・ストーリー~」、来春オープンの「スター・ツアーズ~」をテコに、30周年を迎える来年度の年間入園者数目標については、08年度の過去最高2722万人の更新が最大の課題となりそうだ。

(大滝俊一 撮影:梅谷秀司 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当は怖い住宅購入
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
台湾と中国のデジタルは違う<br>唐鳳・台湾デジタル大臣に聞く

台湾を代表する天才プログラマーの名声を得て15歳で起業した唐鳳氏。「デジタル民主主義」「開かれた政府」を体現した38歳の若き大臣が、これまでの実績、日本や中国との比較、IT教育やITの未来などについて胸の内を語りました。

  • 新刊
  • ランキング