やはり強いディズニー、入場者数更新へ

東京スカイツリーを“凌駕”

入場者数のみならず、ゲスト1人当たり単価も想定を上回る可能性が高まっている。前12年3月期実績の1万0336円に対し、今13年3月期は会社期初計画で1万0270円と微減を想定していたのが、修正計画では1万0420円と一転増加。

TDSのハロウィーン期間限定のワンハンドメニュー「黒いギョウザドッグ」(現在は販売終了)

東日本大震災直後で休園を余儀なくされた前期は、再開後の集客を優先して各種割引チケットを連打。期初にチケット代を値上げしたにもかかわらず、その効果は限定的だった。今期はそうした割引策を前期ほど打ち出していないため、チケット単価が上昇している。また、1人当たりの商品販売収入は、前期にあったTDS10周年イベント関連のグッズがなくなるために弱含むものの、持ち歩きながら飲食できる「ワンハンドメニュー」を充実させたことでゲストの間食需要を喚起、1人当たりの飲食販売収入は伸びる見通しだ。

来期は30周年に期待

なお、来14年3月期はTDR開業30周年(TDSは01年開業のため、実際にはTDL30周年)のフシ目となる年。13年4月15日~14年3月20日の期間を「ザ・ハピネス・イヤー」と名付け、さまざまな周年イベントを実施する。

新アトラクションについては、13年5月に「スター・ツアーズ:ザ・アドベンチャーズ・コンティニュー」(従来の「スター・ツアーズ」の全面リニューアル)を予定。新パレード「ハピネス・イズ・ヒア」も13年4月からスタート。周年イベントの年には、リピーターを中心とした首都圏中心のコア客層のみならず、来場頻度がそれほど高くない地方からの集客も増えるのが通例。年間入場者数、ゲスト1人当たり単価とも、今期を上回る可能性は高いと見られる。

(撮影:尾形 文繁)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • この新車、買うならどのグレード?
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
台湾と中国のデジタルは違う<br>唐鳳・台湾デジタル大臣に聞く

台湾を代表する天才プログラマーの名声を得て15歳で起業した唐鳳氏。「デジタル民主主義」「開かれた政府」を体現した38歳の若き大臣が、これまでの実績、日本や中国との比較、IT教育やITの未来などについて胸の内を語りました。