日本で進む「大人ディズニー」計画

日本は独自のクリエイティブセンターになる

ウォルト・ディズニー・ジャパンのポール・キャンドランド社長は28日、メディアラウンドテーブルを行い、日本法人が推し進める「大人ディズニー」の計画を語った。

主な発言は以下の通り。

ウォルト・ディズニー・ジャパン・キャンドランド社長

ウォルト・ディズニー社は日本ではテーマパークや物販のイメージが強いが、実態は巨大なメディアカンパニーだ。2012年度における事業構成は、メディア部門が46%を占める。米4大ネットワークの一角であるABCのほか、ケーブルチャネルの「ディズニーチャンネル」や「ESPN」(スポーツ専門局)などを持つ。次いでパーク&リゾート30%、スタジオ(映画)14%、コンシューマープロダクツ(物販・ライセンス)8%、インタラクティブメディア(ネット関連やゲームなど)2%となる。

日本ではこれら5つの部門がバランスしているのが特徴だ。正確な数字は公表できないが、5部門が20%程度でバランスしているイメージになる。

ディズニー・ジャパンは4つの戦略を標榜

ウォルト・ディズニー・ジャパンは現在、4つの戦略を標榜している。第1が「リーチを広げる」。日本でもディズニーチャネルなどを展開しているが、ケーブルテレビはあまり浸透していない。そのために12年3月にBS放送チャネル「Dlife」を立ち上げた。同局は視聴可能世帯は約2600万世帯であり、30~40代の女性とそのファミリーをコアターゲットにしている。

第2はディズニーの世界観を幅広い世代に広げることだ。世界的にディズニーはキッズに強いが、日本では大人世代に強い。09年に「スパイダーマン」「アベンジャーズ」などのキャラクターを持つマーベルを買収したが、同社は男性向けが多い。さらに先月には「スターウォーズ」「インディジョーンズ」などを手掛けるルーカスフィルムの買収も発表した。ディズニーはもっと幅広い層に支持される余地がある。

第3は「デジタルの波に乗る」。デジタル化によってより消費者主導になる。TV放送にしても、日本でも米国のように、その場で見るのではなく、自分の好きなときに見るようになるだろう。Dlifeでは無料の番組見逃しサービスなど多様なVOD(ビデオ・オン・ディマンドサービス)を展開している。消費者主導はディズニーにとってチャンスだ。ディズニーグッツのEC(電子商取引)に関しては、楽天と組み、3年で2.5倍に拡大した。

次ページ日本が独自のクリエイティブセンターに
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 財新
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT