日本で進む「大人ディズニー」計画

日本は独自のクリエイティブセンターになる

そして最後に、日本が独自のクリエイティブセンターになることだ。米国の商品やコンテンツをそのまま持ち込み、日本法人が販売とマーケティングだけをやるという時代はすでに過ぎた。08年から放送したTVアニメ「スティッチ!」は日本で制作した。商品のライセンス事業でも6割以上が日本オリジナル。「ディズニーストア」の売り上げの約9割も、日本でデザインしたものだ。今後さらに日本独自のコンテンツを増やそうと考えており、マーベルキャラクターを使ったアニメの制作も検討している。

日本市場の特徴を一言で言えば、大人の女性の支持が高いことだ。キャラクター商品の購買年齢層を見ても、20歳以上が35%を占める。日本では購買の決定権を女性が握っており、ある調査によると、どんな商品やサービスを買うか、67%は女性が決めるという。この数字を米国本社で話すと、みんなビックリする。

日本では大人の女性をターゲットにした「大人ディズニー」を進める。ディズニーストアでは今月、千葉県の柏に20~30代の女性をターゲットにした初の店舗を出店した。白を基調にした店舗デザインなどすべて日本で進め、出店までに約1年半を要した。顧客の評判は上々で、今後も拡大を検討する。

キャラクター商品にとどまらずライフスタイルを提案

ライセンスビジネスでも雑貨の「フランフラン」や「アフタヌーンティー」など、大人の女性に強いブランドと組んでいる。単なるキャラクター商品ではなく、ライフスタイルを提案するような商品にしていきたい。BS放送のDlifeを含め、若い女性との接点を積極的に増やしていく。

携帯ビジネスではドコモと組んで新しいスマートフォンを出す。テーマはカラー。白はミッキーマウス、青はドナルドダックなど、5つのカラーはディズニーキャラクターと連動し、キャラクターのアプリも増やす。Wi-Fiを使って、携帯のコンテンツをテレビに出力できるスクリーンボックスも用意した。携帯は日本独自のビジネス。今後も強化していきたい。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • この新車、買うならどのグレード?
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
米国・イランのチキンゲーム<br>本質を知るための5大論点

ソレイマニ少将の殺害、報復攻撃と、米国とイランの対立が先鋭化し、年頭から世界を震撼させました。中東情勢が激動する中で、注視すべき事態の本質とは。国際政治からイラン経済まで、日本屈指のプロ5人に見立てを聞きました。