こんなメールに部下は「イラっと」する

気をつけて!オフィスでの「メールマナー」

「なnじまで?」

これ、何だと思いますか?

実はこれ、ある男性上司から女性部下に送った返信メールの内容なのです。

上司としては「この仕事は何時までかかりそう?」と尋ねたかったそうなのですが、受信側の女性部下は、いきなり前後の文章もない、この暗号のような「打ち間違え」かつ「解読不能」なメールの多さにいつも辟易しているそうです。

さて、「こちら営業部女子課」をご覧いただいているビジネスエリートの男性上司の皆さんは、もうピンときたことと思います。そうです。今回のテーマは「メール」です。

こんなメールに女性部下は「イラっと」する

先の件も決して特殊な例ではありません。このような上司の何げない、そしてきっと悪気のないメールに、周囲は振り回され、知らないうちに地雷を踏んでしまっているケースがあるのです。

あなたは女性部下とどのような「メール」でのやり取りをしているでしょうか?

今回は営業部女子課のメンバーに「上司とのメールのやり取りでキレた内容を教えてください」というアンケートを実施しました。
そこで集まった生の回答の中から、特に「キレたメール」をランキング形式にしてお届けしたいと思います。

それでは早速、第3位からの発表です。

3位「メールが短すぎる」

先に挙げたメールもそうですが、この「短すぎるメール」に困惑している部下は多いようです。

「メールが短すぎて、何が言いたいのかわかりません。『あれ、どう?』と書かれていても、『あれ』がどれのことかわからず返信のしようがありません。本人にはわかるだろうという文章なのでしょうが、短文すぎて意味がわからないんです。それを確認し直すと『これぐらいもわからないのか!』と逆ギレされました」

次ページせめてメールに返事はしましょう……
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「生活定点」で振り返る平成
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。