部下も喜ぶ“エクセレント上司”とは

これであなたもメールマスター! 

上司「うーん、まいったなぁ……」

おや、何か悩んでおられるようですね、どうかされましたか?

上司「いやぁ、前回のコラムの、『イラっとしたメール』に書いてあったこと、自分のことのように思えて、部下にメールするのが怖くなってしまったんですよ……」

なるほど。それは失礼しました。でも悩んでいるということは、変わりたいと思っている証拠です。とてもよいことですね。

上司「はぁ」

と、このように前回のコラムで「痛いところをつかれた」と思った方も、反対に「自分には関係ない」と思っている方も、今回は「女性部下の心をつかむメール」とはどのようなものなのか、一緒に見ていきましょう。

「了解」だけのメールって……

では早速「ケース1」です。

ここにひとりの女性部下がいます。彼女は営業の仕事で目に見えるような結果を残してくれました。メール内容は、その報告です。さてあなたは彼女に対してどのような返信を送りますか?

上司「そうですねぇ……、『了解』かな?」

はい。これはもうダメな例の見本ですね。0点、いやマイナス100点くらいです・・・あ、ごめんなさい。そんなに暗い顔しないでください。でも、「了解」って、彼女の連絡に対して、承認をしただけですよね? やはりここは上司として彼女の心理を読み取り、最低限のねぎらいの言葉をかけてあげてはいかがでしょうか。

「お疲れ様」「ありがとう」「おかげで助かったよ」短い言葉ではありますが、部下にとっては「やさしさ」を感じ、次の仕事に向かって行くための「勇気」へと変化する魔法の言葉なのです。

次ページ悩みにはどう対処する?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 若者のための経済学
  • 「日本の外交」超入門
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
背水のフジテレビ<br>500日の苦闘

日枝会長が退き宮内新体制が発足してから1年半。増益に転じたが視聴率は低迷を続ける。長寿番組の打ち切りが象徴する大胆な編成改革に加え、組織もコストも抜本的に見直した。背水の陣を敷く同社の人間ドラマを追う。