「行けたら行け!」上司とどう付き合うか?

上司よ、はっきりしなさい!

先日、テレビを見ていたら、WBCのプエルトリコ戦での監督の指示について取り上げられていました。さらにその番組では「上司に“行けたら行け”と言われたら部下はどうするか?」という企画まで行われており、結果はサラリーマン1000人に聞いたところ、なんと半分以上の6割の方は「行く」と回答していました。

もちろん、団体競技の監督と、会社の上司の指示の「行けたら行け」は、違うとは思いますし、ここでは誰が正しいとかは、一切、論じるつもりもありませんが、

「できたらやっといて」

「できる範囲でお願い」

「君に任せる」

営業部女子課メンバーの中にも、このような上司の指示に困っている部下は少なくないようです。そこで今日は「“行けたら行け”上司」について考えていきたいと思います。

対処に困る上司の「行けたら行け」発言

ここに3人の悩める女性部下の方がいます。この女性部下は、上司のどんなことで悩んでいるでしょうか。紹介していきたいと思います。

悩める女性部下① 「実は上司が、よく“行けたら行け”的なことを言ってくるんです。これまではそういうものかなと思っていたのですが、あのニュース以来、悩んでしまって……」

そうですか。それではまず、あなたの上司について聞かせてください。

悩める女性部下① 「実は先日、外回り中に上司から電話がかかってきて、ある取引先に “行けたら行け”って言われました。ただ、その日はほかのアポイントが詰まっていたので行けなかったんです。でも帰社するとその取引先から『どうして今日、来なかったんだ!』と、結局、クレームにつながってしまいました。 “行けたら”ではなくて“行かなくちゃいけない”案件だったんです……。私が悪いのでしょうか。」

次ページコミュニケーション不足が原因?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT