寅さんと島耕作、どっちがいい上司?

部下が選ぶ理想の上司ランキング!

新年度が始まり、男性上司の皆様におかれましては、心機一転で「新たな生活目標」を立てる方もいらっしゃるのではないでしょうか。でも「新たな目標」といっても急に探すのは難しいですよね。 そこで今回、私がオススメするのは「理想の上司になる!」です。

上司「私はこれまで女性部下も厳しく鍛えてきました。でも、このコラムを読んでいると『こんな無能上司いないよ!』と思える上司が、よく考えると自分も似たようなものだと気づいて、冷や汗が出まして」

いつもこのコラムを読んでいただき、ありがとうございます。そしてよくぞ悩んでくれました。「悩むことによって、上司は成長していく」と私は思います。諦めていないあなたは必ず「理想の上司」になれます。今回は営業部女子課メンバーに取った「あなたが最も“理想の上司”に近いと思うのは誰ですか?」というアンケートの結果を基に、どのような「理想の上司像」が求められているのか考えていきたいと思います。

意外な人気?義理と人情の「寅さん上司」

では、まずは第5位の発表です。なんとこの方「私、生まれも育ちも葛飾柴又です」そう、『男はつらいよ』から「寅さん」です。

写真:アフロ

上司「寅さん!? 理想の上司が?」

私も驚きました。意外にも寅さんは「人情に厚く、義理堅い。家族のことも大切に思っているところ」「困っている人がいると放っておけないから」という評価が。

次ページ「金八先生上司」が4位
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 経済学で読み解く現代社会のリアル
  • 就職四季報プラスワン
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT