AKB48も会社も、中間管理職が一番大変

高橋栄樹監督に聞く、AKBの組織論

2005年に秋葉原の小劇場から誕生したAKB48。それから7年、AKB48は社会現象を巻き起こすアイドルグループにまで成長した。
2013年2月に公開される「DOCUMENTARY OF AKB48 NO FLOWER WITHOUT RAIN 少女たちは涙の後に何を見る?」はAKB48の足跡を追ったドキュメンタリー映画だ。前作から続いて監督を務めた高橋栄樹監督に話を聞いた。


 ――2012年のAKB48を扱った今作では、AKBにとって大きな出来事がたくさんありました。どの出来事を中心に据えて描こうとお考えですか?

まずは前田敦子さんの卒業。これが何といっても2012年のAKBでは最大の出来事でしょう。ですから、今作では前2作に続く「3作品目」という言い方ではなく、「新作」という名称で呼んでいます。前田敦子さんの卒業を転機に今までのAKB48はまったく別のグループになると考えています。「新生AKB48」というものを描きたかった。前2作は前田敦子さんを中心とする「AKB48の創生、繁栄」だった。

――今作で苦労した点は?

まずは素材である映像が膨大だったことです。ステージの舞台裏やメンバーのオフショットにまで撮影カメラは入っています。すべての映像を合わせると30テラバイト以上の容量がありました。しかも、そうした舞台裏の映像はテレビなどですぐに取り上げられてしまいます。それにAKBのライブDVDBOXなどにも舞台裏はメイキング映像として収録されています。ですから、それからずいぶん経った映像を使って映画化しても、新鮮味がなくなってしまうのではないか、その点に注意して作成しました。

次ページ初期メンバーは会社でいうと創業時のメンバー
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 中学受験のリアル
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 女性の美学
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。