AKB48も会社も、中間管理職が一番大変

高橋栄樹監督に聞く、AKBの組織論

2005年に秋葉原の小劇場から誕生したAKB48。それから7年、AKB48は社会現象を巻き起こすアイドルグループにまで成長した。
2013年2月に公開される「DOCUMENTARY OF AKB48 NO FLOWER WITHOUT RAIN 少女たちは涙の後に何を見る?」はAKB48の足跡を追ったドキュメンタリー映画だ。前作から続いて監督を務めた高橋栄樹監督に話を聞いた。


 ――2012年のAKB48を扱った今作では、AKBにとって大きな出来事がたくさんありました。どの出来事を中心に据えて描こうとお考えですか?

まずは前田敦子さんの卒業。これが何といっても2012年のAKBでは最大の出来事でしょう。ですから、今作では前2作に続く「3作品目」という言い方ではなく、「新作」という名称で呼んでいます。前田敦子さんの卒業を転機に今までのAKB48はまったく別のグループになると考えています。「新生AKB48」というものを描きたかった。前2作は前田敦子さんを中心とする「AKB48の創生、繁栄」だった。

――今作で苦労した点は?

まずは素材である映像が膨大だったことです。ステージの舞台裏やメンバーのオフショットにまで撮影カメラは入っています。すべての映像を合わせると30テラバイト以上の容量がありました。しかも、そうした舞台裏の映像はテレビなどですぐに取り上げられてしまいます。それにAKBのライブDVDBOXなどにも舞台裏はメイキング映像として収録されています。ですから、それからずいぶん経った映像を使って映画化しても、新鮮味がなくなってしまうのではないか、その点に注意して作成しました。

次ページ初期メンバーは会社でいうと創業時のメンバー
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産 危機の全貌<br>ゴーン追放 修羅場が迫る

19年間トップに君臨したカルロス・ゴーン氏が失脚。逮捕、そして解任という前代未聞の事態は実は序章にすぎない。カリスマの追放で日産自動車はこれからどうなるのか。日産に渦巻く危機の全貌を探る。