努力は才能を凌駕する。AKB48と「和の心」

アイドル、あるいは努力している姿を常時見せる職業

本当に歌や踊りがプロの域に達してしまったら、
それはもうアイドルではない

長嶋茂雄さんという偉大なスターがいらっしゃいますが、それでもやはり、日本人がスマートな天才よりも、泥臭い努力の人を愛してきたことに、異論がある人はいないと思います。

21世紀の世の中になって随分と経つのに、いまだ甲子園で戦うのは坊主頭の球児たち。彼らがユニホームを土に汚し、間に合わないと知っていてもベースに頭からスライディングしていく姿にこそ、この国の人は「和の魂」を感じてきました。

もしこれが、茶髪でロン毛の選手たちが「いや練習なんて嫌いなんスよ」と言いながら試合していたとしたら。とっくに甲子園のスタンドはガラガラとなるか、あるいは女性ファンばかりになっていたことでしょう(どうも女性は同性については“たたき上げ”を支持し、異性に対しては“持って生まれたもの”を評価する傾向があるようです)。

というわけで、芸能の世界でも支持されるのは「努力の人」。とりわけアイドルともなると、それはもはや「努力している姿を常時見せる職業」ともいうべき存在でした。

そのあり方はとても複雑で「頑張って本当に歌や踊りがプロの域に達してしまったら、それはもうアイドルではない」という、パラドックスをはらんでいる。彼女(彼)らは「努力して未完成の姿を見せる」という不思議な頑張りをする人たちでした。

この伝統を究極まで突き詰めたのが、もちろんAKB48です。

次ページ努力型だよ、というアピール?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • 就職四季報プラスワン
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。