アラフォー女子?性別の耐えられない重さ

むき出しのままの「女」より、ちょうどよい感じの曖昧さを

“女子”を名乗るという、ごく自然なこと

女性同士が集まって会食する「女子会」や、女性としての能力の高さを表現する「女子力」など、近年、女性が自分たちのことを“女子”と表現しているのを、しばしば目にします。

そこで問題(?)となるのが、この用語の適用範囲。

繊細でデリケートなハートを持つ現代の男性の中には「アラフォー女子の正しい婚活」といった用法を目撃してしまうと、

「40歳にして“女子”とは何事か。BBA(ババアを意味するネットスラング)がおこがましい」

と悲憤慷慨してしまう人もいるようです。

しかし私は今の世の中において、女性が自分たちのことを“女子”と呼ぶようになったのは、ごく自然の流れではないかと感じます。

次ページコミュニケーションの進化と肉体からの解放?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 最新の週刊東洋経済
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT