金持ち女子は貧乏男子と結婚してくれるか

「男性不況の処方箋」は有効か

本連載の第2回では、「男性不況」が進み、女性の賃金が男性の賃金に近づけば近づくほど、お金持ちの家庭と貧乏な家庭の所得の差が大きくなるメカニズムを紹介した。

その理由は、高所得の女性と低所得の男性が出現したことにより、高所得男性と高所得女性のカップルができる一方で、男性も女性も低所得な組み合わせもできてしまうため、両者の所得格差は広がってしまうというものだった。

「男性不況」のメカニズムは、書籍の中で詳しく説明されている。

しかし、本連載の著者、永濱利廣氏も書籍『男性不況』の中で述べているように、男女とも収入に関係なくランダムにカップルができれば、高所得女性と低所得男性が現れても、所得格差は大きくは広がらない。

つまり、豊かになった女性たちが低所得に悩む男性と結婚し、一家の大黒柱として男性を養ってくれるようになれば、たとえ「男性不況」が深刻化しても理論的には大きな問題にはならないのだ。

しかし、実際問題、女性に経済的な余裕ができたとしても、男性を養ってくれるようになったりするものだろうか?

日本ではついこの間まで、「男性が稼いで女性を養う」結婚のスタイルが社会通念として存在していた。つまり、「女性が男性を養う」ようになるためには、男女ともに大きな意識転換が必要なのだが、当の女性たちは、低所得の男性との結婚についてどのように考えているのだろうか?

そんな疑問に対する答えを求めて、本連載の編集協力をさせていただいた私、ライターの王地 築が、3人の独身キャリアウーマンの本音を聞いてみた。

「尻込みされてしまうんですよ」アラフォー・キャリア女性

1人目は、江戸川貴子さん(仮名)。米国の大学で修士号を取得し、現在は外資系企業で働く、アラフォーのキャリア女性だ。

「相手の年収? 全然、気になりません。いくらでも大丈夫です」

「でも、さすがにヒモみたいに、仕事もしないで家にいられるのは嫌ですね。家でブラブラされているだけじゃ、こっちのテンションも下がりそうだし。少なくても、プライドを持って何かに一生懸命になっていてくれないとダメかな……」

と、専業主夫に対しては厳しい意見ながらも、年収の低い男性との結婚にも比較的寛容な意見を聞かせてくれた。しかし現実の話となると、彼女自身、低年収男性との結婚にあまり明るい展望は抱いていない様子だ。

「最近、特に寄ってくる男性が少なくなってきましたね。なんか、ものすごく稼いでるように思われるみたいで、尻込みされてしまうんですよ」

彼女の名誉のために一応断っておくと、江戸川さんは決して男性を尻込みさせてしまうようなビジュアルの持ち主ではない。ルックスからは、和服の似合いそうな楚々とした印象すら受ける。また、ドラマで描かれるキャリア女性のような強圧的イメージもなく、人あたりはむしろ柔らかだ。

それなのに、男性が尻込みしてしまうほど、高収入オーラが出てしまっているとは、いったいいくら稼いでいるのか? こっそり教えてもらったのだが……。

次ページ男性の戦意を喪失させてしまう
関連記事
トピックボードAD
  • 銀河を渡るを読む
  • 中原圭介の未来予想図
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「脱ファッション」が進む<br>渋谷の街の最前線

渋カジ、コギャルなど若者ファッションの聖地だった渋谷。ここが100年に1度の大規模再開発で、オフィスや飲食店が増えアパレル店舗が減少しているのだ。来年エンタメビルとして生まれ変わるSHIBUYA109など、変わりゆく街の今を追う。