ユニクロの剛腕ママ店長、”前例”の作り方

夫の海外転勤でも、もう負けない

別離か退職か――。

パートナーの転勤で、この二者択一を迫られてきた女性は山ほどいるはずだ。ましてや、相手が同じ会社に勤めているなら、パートナーの出世のために、自分は涙をのんで身を引く……なんて苦渋の選択をした女性も多いに違いない。

株式会社ユニクロ商品本部IMD部の増沢友紀子さん(34歳)も、かつて、そんな選択で悩んだ1人だ。

だが、今は2児(4歳女児、0歳女児)を抱えて、育児休業中。来年4月には職場復帰を目指している。増沢さんは、どのような「究極の選択」をしたのか?

時計の針を7年前の2005年に戻す。その年、増沢さんがほぼ入社以来付き合ってきた同期の彼との間に、結婚話が持ち上がった。その彼が、北海道のエリアマネジャーに昇進。転勤することになり、当たり前のように、「仕事辞めるよね?」と言ってきたのだ。

彼がそう言ったのも無理はない。今では信じられないことだが、当時のユニクロは夜中の2時にレイアウトのOJTがあるのも常識で、休みの日でも品出し等のため店に行くのは普通。長時間労働をすることに、誰も疑問さえ持っていなかった。

だから、仕事と育児の両立なんてどだい、無理な話。実際、当時は出産・育児の経験どころか、結婚している女性店長さえいなかった。

「退職しないと別れることになる。でも、私は私で、店長経験も2店目となり、いよいよ仕事が面白くなりだしていた。一晩泣いて考えました。そして、結局、彼といたい気持ちのほうが強いから辞めるしかないと、決心したんです」

そこで、増沢さんと彼(現在の夫)は、増沢さんの上司、彼の上司、東日本の店舗を束ねる部長の元に、退職の挨拶に行った。

次ページ部長に告げた、2つのお願い
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。