ユニクロの剛腕ママ店長、”前例”の作り方

夫の海外転勤でも、もう負けない

その結果、事件はやんだが、この時改めて、増沢さんは自分の仕事ばかりに追われるのでなく、スタッフとコミュニケーションする機会を増やすことの重要性を実感したと言う。

そして、現在。増沢さんは、昨年からレイアウトの全社計画の作成、店舗への売り場指導などを行う本部のIMD部に異動。第2子を妊娠・出産したのを機に、育休を取得中だ。

今度は、夫の転勤でも諦めない

そして、今また、「夫の転勤」という転機に遭遇している。しかも、その転勤先は遠く日本を離れ、台湾だというのだ。

「来年4月の職場復帰を目指していますが、できれば、家族そろって暮らすために、夫と同じ台湾の職場で働きたい。そのため、中国語のレッスンも始めています。会社に、海外で子育てしながら夫婦で働く前例はありませんが、だからこそ前例を作っていきたい。会社にとっても、ユニクロの思想をグローバルで指導できる人材は必要だと感じています」

増沢さんの話を聞いていると、「やりたいこと」を会社にきちんと伝えることが、ワーキングマザーを続けるためにいかに重要であるかがわかる。

とはいえ、ウチは福利厚生が行き届いた大企業や役所じゃないから、働きながら子育てなんてとても無理……と決めつけ、両立をあきらめてしまうワーキングマザー予備軍は多い。

だが、会社の大小にかかわらず、産休・育休取得は法律で定められた当然の権利だ。05年からは一定の基準を満たせば、パートタイムで働く女性でも、産休・育休の取得が法的に認められるようになった。特定の復帰支援策が会社になくとも、会社や上司と交渉すれば融通を利かせてもらえる可能性はある。

「ただし、わがままや権利の主張だけでは絶対にダメ。自分だけ特別扱いしてもらおうなんていうのは、論外です。会社に、育児との両立支援を交渉するときは、『その代わり、私はこれだけの成果を出します』と言えるくらいじゃないといけないと思います」。

「ワーキングマザー店長」の”前例”を作ってきた人だけが言える、説得力ある言葉だ。

(撮影:今 祥雄)

 

 

 

 

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ZOZOに立ちはだかる<br>「ゾゾ離れ」より深刻な課題

盤石だったZOZOの収益基盤が揺らぎ始めた。常時割引の有料会員サービスで混乱を招いたが、さらに深刻な事態が。今年度の通期業績が上場後初の営業減益になる見通しとなったのだ。上場以来最大の正念場を乗り越えることができるか?