安倍政権で日本の性は保守化する

知られざる各党のLGBTマニフェスト

「まささんの気持ちを伝えて欲しいんです」。

週刊東洋経済編集部の張さんからお声かけいただいたのは、11月末。月島であんこう鍋をつつきながらのことでした。LGBTではない、ストレートの張さんから当事者の考えを伝えて欲しいと言われました。「少しでも現状を知っていただければ」そんな思いで今回から連載を担当いたします、柳沢正和です。

私は現在金融機関で営業職にある35歳の社会人です。そしてゲイです。私は20代の頃はゲイ向けのバーが集まる新宿2丁目に飲みに行く事も出来ず、ゲイであることを隠していました。それが20代後半にロンドンに転勤になり、ゲイという性的指向を肯定的に捉える現地の人たちに衝撃を受けました。

日本ではLGBTはタブー視されている

「なんだ、自分は自分のままでいいんじゃん。」そんな気持ちになりました。「もう自分の“彼氏”を“彼女”と置き換えて話すのをやめよう」そう思った途端、急に肩の荷が降りた気持ちになったのを覚えています。毎日嘘をつく人生に、もう飽き飽きしていました。

自分に対して前よりもポジティブな気持ちになって帰国しました。しかし日本ではLGBTであることがタブーである現実がありました。知人に自分がゲイであると伝えたら、「日本ではまだ言うのやめといた方がいいんじゃない」と言われた事もあります。でもやっぱり、自分は前向きに、自分らしく生きたいという思いがありました。

そこでLGBTが素敵に年を重ねる事を目的として活動しているNPO法人グッド・エイジング・エールズに参加しました。同じ気持ちを持つLGBTや、ストレートの人もいるこの組織で、神奈川県湘南にLGBTも、そうでない人も自分らしくいることが出来る飲食施設「カラフルカフェ」を作りました。またどうやったら企業がもっとLGBTフレンドリーに変わっていけるかを議論するプラットフォームである「Work with Pride」をスタートしました。

この連載では、一当事者として、LGBTが今考えていることを、私の視点から伝えていきたいなと思います。

次ページ知られざる各党のLGBTへの姿勢
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 買わない生活
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT