ヤクルトで大活躍するフィリピン人ゲイ

カトリック大国・フィリピンで変革の兆し

「知ってました?蟹にもメスでもオスでもないバカラ(=フィリピン語でおかま)がいるんですよ。しかも、フィリピンではそれが一番おいしくて値段が高いんです」。

先日、取材でフィリピン・マニラを訪れた時のこと。お世話になった日本人駐在員の方と蟹を食べていた時に、ふと聞いた話だ。

LGBT連載を抱える身としては、非常に興味深い話を突然聞いてしまった(ちなみに、LGBTとは?については連載1回目に書いてあるので、ご覧いただければ幸いです)。そもそもLGBTとは無関係で訪れたフィリピンだったが、現地のLGBT事情(蟹も含め…)が気になってしまい、ついついしつこく話を聞いてしまった。

駐在員の方によれば「特にゲイが本当に多くて、個人の感覚では5割ぐらいはゲイなんじゃないかと思うぐらい」というちょっとびっくりな“ハダ感覚”を明かす。

確かにマニラの町を歩けば、ゲイのような雰囲気をもつ方々が日本より圧倒的に多い。「テレビ番組でも、一般の生活でも日本より性について寛容な人が多いですよ」と、10年以上滞在している現地の日本人は言う。当然、職場にもLGBTは沢山いるのだ。

日系企業で才能を発揮するフィリピンゲイ

そんな中、興味津々で話を聞きまわっていたら、素敵なフィリピン人ゲイの方に取材するチャンスがまわってきた。

次ページヤクルト・フィリピン支局のトップデザイナー
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT