ヤクルトで大活躍するフィリピン人ゲイ

カトリック大国・フィリピンで変革の兆し

「知ってました?蟹にもメスでもオスでもないバカラ(=フィリピン語でおかま)がいるんですよ。しかも、フィリピンではそれが一番おいしくて値段が高いんです」。

先日、取材でフィリピン・マニラを訪れた時のこと。お世話になった日本人駐在員の方と蟹を食べていた時に、ふと聞いた話だ。

LGBT連載を抱える身としては、非常に興味深い話を突然聞いてしまった(ちなみに、LGBTとは?については連載1回目に書いてあるので、ご覧いただければ幸いです)。そもそもLGBTとは無関係で訪れたフィリピンだったが、現地のLGBT事情(蟹も含め…)が気になってしまい、ついついしつこく話を聞いてしまった。

駐在員の方によれば「特にゲイが本当に多くて、個人の感覚では5割ぐらいはゲイなんじゃないかと思うぐらい」というちょっとびっくりな“ハダ感覚”を明かす。

確かにマニラの町を歩けば、ゲイのような雰囲気をもつ方々が日本より圧倒的に多い。「テレビ番組でも、一般の生活でも日本より性について寛容な人が多いですよ」と、10年以上滞在している現地の日本人は言う。当然、職場にもLGBTは沢山いるのだ。

日系企業で才能を発揮するフィリピンゲイ

そんな中、興味津々で話を聞きまわっていたら、素敵なフィリピン人ゲイの方に取材するチャンスがまわってきた。

次ページヤクルト・フィリピン支局のトップデザイナー
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行 地殻変動<br>先で待つ「不良債権地獄」の恐怖

コロナ危機を受け、銀行は政府の支援の下、積極的に「傘」を差し出し、融資をしています。しかし融資先には「危ない企業」も含まれ、下手をすれば不良債権によって屋台骨を揺るがしかねません。自ら大きく変わり始めた銀行の近未来を占います。