安倍政権で日本の性は保守化する

知られざる各党のLGBTマニフェスト

一筋の光明も

私は今年夏、TEDxTokyoという場で、自分がゲイとして生きにくさを職場で感じた体験を話しました(その映像はこちら)。マイノリティとして自分や仲間と乗り越える事が出来る事もあるけど、いろんな事を諦めず、カミングアウトして前向きに生きる上で、制度や政治のサポートは不可欠です。私が職場で体験した事も、同性のパートナーシップが公に認められていれば起きない問題でした。

そんな中、希望の光もあります。衆議院選挙と当時に行われた東京都知事選挙。先ほど紹介した石原前知事による、同性愛者への差別発言を踏まえて、同性愛者の人権や同性婚に関してツイッターで質問したフォロワーに対して、当選した猪瀬都知事は「性的少数者の人権を認めます」と発言しました。

その後ラジオでも同発言を確認しました。国のレベルでは何も変わらないかもしれません、でも「日本を東京から変える」の猪瀬都知事が、インパクトのある政策を出して行く事に期待したいと思います。私は自分らしく生きて行きたいだけ、生まれながらに受けとった自分のセクシャリティに何ら引け目を感じる事なく、この東京で、そして日本で気持ちよく暮らして行けたらいいなと思っています。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT