金持ち女子は貧乏男子と結婚してくれるか

「男性不況の処方箋」は有効か

う~ん、確かに、男性が尻込みしてしまうのもわからなくはない金額だ(笑)。年収が少ないことを引け目に感じている男性には、きついかもしれないなぁ……。

年収の高すぎる女性は、男性側の戦意を喪失させてしまうようで、これでは到底、低所得男性とのカップリングはうまくいきそうにもない。そんな厳しい現実を実感されられた次第だ。

「ファミレスやもんじゃ焼き屋さんでは、ちょっと…」30代・IT企業社長

2人目は、溝口優子さん(仮名)。年齢は30代半ば。自ら立ち上げたIT関連企業の社長さんで、年収は1000万円超。しかも、会社はほぼスタッフ任せで、出勤するのは月に数回という、実にうらやましいご身分の女性だ。

「結婚願望は、すごくあります。今すぐにでもしたいくらいです」

「相手は、私と生活の価値観が近い人がいいです。以前、あまりおカネのない年下の男性と何回かデートしたことがあるんですけど、ファミレスとかもんじゃ焼き屋さんで食事することになって。彼はそれでも頑張ってくれているのはわかっていたのですけど……」

「本心ではお食事はもう少しいいお店で、おいしいものを食べたいし。2~3回会ったら、合わせるのに疲れちゃって、それ以降、会わないようにしました」

この話を聞いて、彼女の場合、年収の少ない男性との結婚は難しいだろうと思いながら、一応質問してみたところ、しばらく考えた後、起業家らしいこんな答えが返ってきた。

「その人に才能があって、将来モノになりそうだと思わせてくれるなら、投資する可能性はゼロではないかも。でも、ダイヤモンドの原石を探すみたいなものだから、可能性は低いですよね!?」

溝口さんは、ひいき目なしで見て、かなり美人の部類に入る。性格も明るく社交的で、モテないようには思えない。正直なぜいまだに独身なのか謎だったのだが、どうも逆にモテすぎなのがその原因のようだ。

「ここだけの話、女性起業家って、30代でも40代でも結構チヤホヤされるんですよ。経営者の集まりって、やっぱりまだ女性は珍しいですから、いろいろなお誘いもかかりますし、出会いも多いです」

「結婚相手として真剣に考えるかは別として、デート相手にはまったく困りません。むしろ、お誘いを断って、自分の時間をつくるほうが難しいくらいで、寂しさを感じる暇がないんです」

要は、選択肢が多すぎて、結婚相手を決めかねているというのが実情のようだ。当然、男性を見る目も肥えてしまっている。そんな彼女のおメガネにかなうダイヤモンドの原石になれるくらいだったら、女性を養うくらいの収入がもらえる仕事を見つけるほうがよっぽど簡単なように感じたのが、正直なところだ。

「何かを我慢しなくちゃなら結婚しなくてもいい」20代・マスコミ企業勤務

若い人の意見はどうなのだろうか? マスコミ関係の会社で働く川本香枝さん(仮名)にもお話を聞いてみた。

彼女はまだ27歳で、結婚を焦る年齢でもないと思うのだが、本人いわく「結婚願望がすごく強い」のだそうだ。ちなみに今お付き合いしている人はいないらしい。

「私は生まれてから一度も専業主婦になりたいと思ったことがないので、結婚してもフルタイムで働きたいと思います。なので、もし結婚後、専業主婦になってくれって言われたら、結婚自体をお断りすると思います」

現在の年収は、500万円超。今後も働き続けるなら、給料ももう少し増えて、一家の大黒柱として男性を養うことも十分可能だが、男性が専業主夫になることについてはどう思っているのだろうか?

「うーん、男性には、少なくても働いていては欲しいかな……」

「私、頭がよくて、見ていて飽きない人、そういう人が前に向かって努力しているのを見るのが好きなんです。家で家事だけやる男性だと、面白みに欠けるので、難しいと思います」

「でも、専業主夫は嫌だけど、たとえば自分より年下で、可愛げがあって、その人の将来を見届けるのが面白そうだと思える人だったら、今の収入が自分より少なくても大丈夫かも」

要は、ある程度の期間、自分が経済的にサポートする側に回っても、それに見合う相手ならやぶさかではないとのことなのだが、加えてこんなことも言っていた。

次ページお金持ち女子が結婚に求めるモノとは?
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 御社のオタクを紹介してください
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 住みよさランキング
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。