日本は中二的発想力で勝負せよ!

メイカーズ革命の本質は「大人げなさ」にあり

思春期になってはじめて、空想は創造的になる?

著者:堀田純司(作家) (撮影:今井康一)

「最も奔放に空想力を働かせるのは子ども時代」と、普通は考えるところ。

しかしロシアの発達心理学の大家、ヴィゴツキーによると、案外それは違うのだそうです。

たとえば、子どもにとってヒーローとはまずテレビの中のヒーロー像そのまま。そして悪とはテレビの中の敵そのものです。

一見、奔放な想像力を働かせているように見える子どもの「ごっこ遊び」ですが、実はこれはテレビで見た対象をなぞっているだけなのです。

独創的な空想を行うためには、実は、ヒーローなら「ヒーロー」、悪なら「悪」という、抽象概念を理解している必要がある。だから概念の理解が進む思春期になってはじめて、人は創造的な空想を飛躍させるのだとヴィゴツキーは指摘しています。

もっとも、シャルロッテ・ビューラーのように思春期の空想力について「活発だが、陳腐で非生産的」という評価もありました。確かに、自分自身を振り返っても、まったくそのとおりです。それは認めざるをえない。

ですが、あえて主張します。今の日本にはもっと「思春期的な空想力」が必要なのではないでしょうか。

次ページ成熟期に入った国ならではの発想
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT