日本は中二的発想力で勝負せよ!

メイカーズ革命の本質は「大人げなさ」にあり

思春期になってはじめて、空想は創造的になる?

著者:堀田純司(作家) (撮影:今井康一)

「最も奔放に空想力を働かせるのは子ども時代」と、普通は考えるところ。

しかしロシアの発達心理学の大家、ヴィゴツキーによると、案外それは違うのだそうです。

たとえば、子どもにとってヒーローとはまずテレビの中のヒーロー像そのまま。そして悪とはテレビの中の敵そのものです。

一見、奔放な想像力を働かせているように見える子どもの「ごっこ遊び」ですが、実はこれはテレビで見た対象をなぞっているだけなのです。

独創的な空想を行うためには、実は、ヒーローなら「ヒーロー」、悪なら「悪」という、抽象概念を理解している必要がある。だから概念の理解が進む思春期になってはじめて、人は創造的な空想を飛躍させるのだとヴィゴツキーは指摘しています。

もっとも、シャルロッテ・ビューラーのように思春期の空想力について「活発だが、陳腐で非生産的」という評価もありました。確かに、自分自身を振り返っても、まったくそのとおりです。それは認めざるをえない。

ですが、あえて主張します。今の日本にはもっと「思春期的な空想力」が必要なのではないでしょうか。

次ページ成熟期に入った国ならではの発想
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 中学受験のリアル
  • 若手社員のための「社会人入門」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小売り、外食…<br>値決めの勝者と敗者

値下げをすれば客が来る、値上げをすれば客が減るという常識が通用しない。「65円靴下」などの激安セールでも客離れに泣くしまむら。一方で、壱番屋やリンガーハットは値上げをしても客足は遠のかない。勝敗の分岐点はどこにあるのか。