弱者の兵法:英語下手が英語圏で勝ち抜く策

MITの試行錯誤で見つけた、英語力の磨き方(上)

新世代リーダーは、政治経済の分野だけに求められているわけではない。科学技術の分野にも、フロンティアを切り開く人材が必要とされている。当連載では、 航空宇宙工学という切り口から、新時代のリーダー像を探っていく。MITで航空宇宙工学の博士号を取り、NASAジェット推進研究所(JPL)への転職を決めた筆者が、MITでの日々を振り返りながら、日本の理系が世界で活躍するために必要なものを語る。
オバマのスピーチを見れば、自信と謙虚さは共存できることがわかるはずだ(写真:ロイター/アフロ)

6年半もアメリカに住んでも、僕の英語はひどいものだ。子音のlとrを聞き分けられない。訛りはいつまでたっても抜ける気配がない。冠詞aとtheの正確な使い分けは一生かかっても無理そうだ。

それでも僕はアメリカにおいて、アメリカ人たちと同じ土俵で競争し、勝ち抜いてきた自負がある。MITの博士号を取った。NASA JPLの仕事を取った。昨年の国際学会では最優秀学生論文賞を取った(American Control Conferenceという制御工学で最大の学会のひとつで、約2000本の論文の投稿があり、そのおよそ半分が学生論文に該当する)。

僕がいつも心に留めているのは、野球の野村克也監督が説く「弱者の兵法」だ。つまり、強者たちがセンスや勘によって無意識に行っていることを、頭で考え意識的に行うことによって、弱者も強者に肩を並べ、打ち勝つことができるという考えだ。そうやって、契約金0円のテスト生だった野村は、王や長嶋に匹敵する大スターにのし上がったのだった。

英語にも「弱者の兵法」がある。つまり、話したり書いたりするときに、アメリカ人が感覚的に行っていることを、頭で考え意識的に行うことによって、日本人は彼らに勝るパフォーマンスを出すことができる。

本稿では、MIT在学中の6年半に僕が試行錯誤を繰り返して見つけた、話すことと書くことについての「弱者の兵法」を、5つだけ紹介したい。

次ページまずは自信満々で話す
関連記事
トピックボードAD
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブルー・オーシャン教育戦略
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。