続・英語下手が英語圏で勝ち抜く策

MITの試行錯誤で見つけた、英語力の磨き方(下)

新世代リーダーは、政治経済の分野だけに求められているわけではない。科学技術の分野にも、フロンティアを切り開く人材が必要とされている。当連載では、 航空宇宙工学という切り口から、新時代のリーダー像を探っていく。MITで航空宇宙工学の博士号を取り、NASAジェット推進研究所(JPL)への転職を決めた筆者が、MITでの日々を振り返りながら、日本の理系が世界で活躍するために必要なものを語る。

 

※ 前編はこちら:弱者の兵法:英語下手が英語圏で勝ち抜く策

4. 情報を提示する順番を考える(新情報の後置)

以下の2つの文章を読んでいただきたい。どちらが読みやすいだろうか。

(出典:Crystle Bruno, “Old Information before New Information,” San José State University Writing Center)

英語を母語とする多くの人は、文章Bのほうが読みやすいと感じる。おそらく日本人にとってもそうであろう。しかし、どちらも書かれている情報は全く同じだ。第2文が能動体か受動態かに違いがあるが、どちらも文法的にまったく問題はない。では、なぜ文章Bの方が読みやすいのか。

理由は、情報が提示される順番にある。

次ページ読みやすい文章の構造
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 東京「夢見る女子」の生態
  • コロナショックの大波紋
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。