スタンフォード流、修羅場のリーダーシップ

真のリーダーは、どんな選択をすべきか?

エリート日本人弁護士の留学先と言えば、真っ先にアメリカのロースクールが浮かぶが、あえてトップビジネススクールを志す人もいる。
今回、ご紹介するスタンフォード大学ビジネススクールに留学中の水島淳さん(31)も、その1人だ。
大学3年時に司法試験に合格し、大手法律事務所の西村あさひ法律事務所に入所した超エリートだが、国際的なM&Aの案件などに携わるうち、「多国籍の組織を率いるリーダーとなるためにジェネラルマネジメントを学びたい」とMBA留学を志した。
生まれも育ちも日本という水島さんは、「僕は留学生の中でも、純ドメスティック」とバリバリの関西弁で語る。多忙な業務の中、睡眠時間を削って勉強し、英語のリスニングは、通勤中にポッドキャスト(インターネットラジオ)を聞いてマスターし、見事、難関のスタンフォード大学ビジネススクールに合格した。
卒業後は、シリコンバレーで1年間、ベンチャー企業関連の仕事で経験を積んだ後、派遣元の法律事務所へ戻る予定だ。
「自分の信念、真の情熱がどこにあるのか、問い続けた2年間だった」と語る水島さんが大きく成長した、スタンフォードのリーダーシップの授業を紹介する。

なぜリーダーには、”清廉さ”が必要か

水島淳さんが、スタンフォード大学ビジネススクールのロバート・ジョス教授と初めて出会ったのは、1年目の必修科目「Ethics in Management」(経営倫理)の授業だった。

ゲスト講師として招かれたジョス教授は、実は、前学長。1999年から10年間にわたって学長を務め、大胆なカリキュラム改革などを行い、スタンフォードを世界のトップスクールとして、その地位を不動のものとした立役者だ。

次ページたとえ儲かる部門でも、閉鎖せよ
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT