外資金融・コンサルの卒業生はどこへ行った?

エリートは多いがリーダーは不在

グローバル化の進展により、国の枠を超えて活躍する「グローバルエリート」が生まれている。しかし、そのリアルな姿はなかなか伝わってこない。グローバルエリートたちは何を考え、何に悩み、どんな日々を送っているのか? 日本生まれの韓国人であり、国際金融マンとして、シンガポール、香港、欧州を舞台に活動する著者が、経済、ビジネス、キャリア、そして、身近な生活ネタを縦横無尽につづる。
金融界の頂点に立つゴールドマンサックスのニューヨーク本社。世界から集ったトップエリートたちが、日々しのぎを削っている(写真: Bloomberg via Getty Images)

「で、みんなは将来何がしたいわけ?」

「僕は、ベインかマッキンゼーに行こうと思っている。まだ入学する前からMBAのOBのマッキンゼーの人とコンタクトをとって、リクルーティングの準備をしてきたし……」(燃料会社勤務の米国人)

「中国に戻ってボストンコンサルティンググループに入る予定」(会計士のシンガポール人)

「将来的にはプライベートエクイティファーム志望なんだけど、その前にコンサルティングファームに行っておいた方がいいかな? ムーギーはどう思う? 」(IT企業勤務のパキスタン人女性)

これら一連の会話は、前回話したインシアードMBAの人たちの会合で、私が受けた就職相談の一部である。私が日本に住んでいた頃も、多くの学生から外資系戦略コンサルティングファームに向けたキャリア相談を受けてきた。日本でもどこの国でも20~30歳にかけて(ビジネス分野で)最も競争力のある若者は、コンサルティングファームや投資銀行に入りたがることが多い(最近、欧米トップスクールでは投資銀行の人気が落ちてきたが、それでも相変わらず卒業後の第一希望の一角である)。

エリート期間は、リーダーになる前のモラトリアム

こうしたエリート予備軍は、何が何でも一生コンサルやインベストメントバンカーをやりたい、と思っているわけではない。「まぁ、どうやらいちばん賢い連中が集まりそうだし、給料もサラリーマンとしては最高水準。いろんな産業や企業を見られて視野も広がり、キャリアの選択肢も増えるだろう」という、人生およびキャリアのモラトリアム的位置づけで、こうした業界を志望するエリート予備軍たちが多いのだ。

幸い私は、これらの仕事を一通り経験する幸運に恵まれたが、「これらのキャリアを経験してよかったか」と聞かれれば正直に、「最高だった。勉強にもなるし報酬も悪くない。優秀な人材に囲まれさまざまな勉強にもなった。若い人たちには強くお勧めしたい」と答える。

しかし、「もう一度これらの仕事をやりたいか」と今の年齢で聞かれれば、「絶対嫌。エリートなんか、世の中に一杯いるし」である。

次ページコンサル、金融はとにかく疲れる
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 実践!伝わる英語トレーニング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT