英語が話せないと、「真の日本人」になれない

一人娘をインターナショナルスクールに入れた理由

日本人はどうやって日本人になるのだろうか? そんな誰もが意識したことがないことを、グローバル化という視点でとらえていくとどうなるだろうか? 21世紀のグローバル化が私たちに突きつけている問題は、国際標準語(英語)を話す国際人になることではない。日本人という確固たるアイデンティティを持って、世界を舞台に活躍できる人材になることだ。
しかし残念ながら、日本で日本人の両親から生まれ、日本の教育を受けて育つと、真の日本人にならない。一人娘をアメリカと中国の教育で育てたジャーナリストが、その経験を基に、日本人とは何かを問いかける。
1990年代、駅前留学のコピーで英語ブームを演出したNOVA。2007年に経営破綻した(写真:AFLO)

トリリンガルになった娘

私の娘がインターナショナル・スクール(以下インター)のキンダーガーテン(幼稚園)に入ったのは1987年の9月のこと。娘はまだ3歳だった。以来、娘は学校では英語、家では日本語という生活をしてきたので、バイリンガルに育った。その後、アメリカの大学と大学院に進み、その間、中国の南京大学で2年ほどを過ごしたため、中国語とのトライリンガルになった。

この間、親も娘に追いつこうと英語の勉強をしたものの、大人になってからだったせいか、ネイティブの娘には遠く及ばなかった。今も、娘に「恥ずかしいから、私の前ではそんな英語を使わないで」と言われる。

思い起こせば、娘がインターに入ったときは、バブル経済の真っ盛り。“ジャパン・アズ・ナンバーワン”が実現したという時代だった。1985年のプラザ合意まで1ドル=240円だった円は1年後には150円まで上がり、ジャパンマネーは世界を席巻していた。

何しろ、あのマンハッタンの象徴ともいうべきロックフェラーセンターを三菱地所が買ってしまうという時代だった。

そして、このバブル期に盛んに言われたのが、“国際化”である。

日本人は一日も早く「国際人」になるべきだと言われ、大学には国際学部が次々に誕生した。英会話学校が盛況を極め、英会話ブームが起こり、1990年代に入ると「駅前留学」が大流行した。当時、娘もNOVAのCMのセリフ「No problem. I am NOVA.」を、何かあると口にしていた。

そこで、いま思うのは、なぜあのとき、日本は教育を本当に国際化しなかったのか? ということだ。幼児からの英語教育の重要性も言われていたのだから、このとき公教育の現場で「本当の英語」教育をスタートしていれば、日本経済はここまで落ち込むことはなかっただろう。

次ページ英語ができない悲劇
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • この新車、買うならどのグレード?
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。