日本には「国家の物語」が欠落している

財政再建が進まない本当の理由

グローバル化が急速に進む中、われわれは「日本人とは何者で、日本とはどんな国なのか」という問いに直面しています。 この連載では、米国で18年間を過ごし、財務官僚、首相補佐官として、政治の最前線を見てきた著者が、自らの経験や日本の歴史を踏まえながら、日本に今必要な「物語」とは何かを考えます。 
日本は米国など他国と比べて、国家意識が希薄と言わざるをえない(写真:AP/アフロ)

「真の愛国心」はどこから生まれるか

今回から開始するこの連載で私が伝えたいこと――それは、日本が大国として生き残るためには、小さな損得勘定にこだわらず、熱情あふれる「国家の物語」を回復するほかに道はない、ということです。

不幸なことに、私たちは、国家としての「自分」を見失っています。いや、「国家」という言葉さえ、違和感を持たれてしまいます。ましてや、日本が「どういう国か」「国家国民として何を目指してきているのか」と問われても、さっぱり答えられません。答えられる酔狂な方がいたとしても、それはあくまで個人の勝手な考えであって、大半の国民には共有されないのです。

「自分」とは「国家の物語」です。これを取り戻すことこそが、政治が主導していかなければならない国民的課題です。日本がこれまで何を目指してきたのか。そのために、私たちの先輩たちは、いかなる思いを持って、いかなる営みを歴史に刻んできたのか。それらの使命の尊さが理解されなければ、真の愛国心は生まれません。そして、愛国心なしでは、今、日本が直面している、自己犠牲を伴う困難な課題を乗り越えることはできないのです。

大げさに聞こえるかもしれません。しかし、これが旧大蔵省で12年間仕事をし、政治活動10年、うち7年間、国会議員をやってきた者の率直な感想であり、信念です。また、私は子供の頃から、米国に18年間ほど暮らしてきました。大蔵省に入ってからも、留学2年間、ワシントンのジョージタウン大学で国際関係論の修士を修了しました。そういう体験からも、日本人の国家意識の希薄さに違和感があるのかもしれません。

次ページアメリカ人と国旗
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT