日本には「国家の物語」が欠落している

財政再建が進まない本当の理由

グローバル化が急速に進む中、われわれは「日本人とは何者で、日本とはどんな国なのか」という問いに直面しています。 この連載では、米国で18年間を過ごし、財務官僚、首相補佐官として、政治の最前線を見てきた著者が、自らの経験や日本の歴史を踏まえながら、日本に今必要な「物語」とは何かを考えます。 
日本は米国など他国と比べて、国家意識が希薄と言わざるをえない(写真:AP/アフロ)

「真の愛国心」はどこから生まれるか

今回から開始するこの連載で私が伝えたいこと――それは、日本が大国として生き残るためには、小さな損得勘定にこだわらず、熱情あふれる「国家の物語」を回復するほかに道はない、ということです。

不幸なことに、私たちは、国家としての「自分」を見失っています。いや、「国家」という言葉さえ、違和感を持たれてしまいます。ましてや、日本が「どういう国か」「国家国民として何を目指してきているのか」と問われても、さっぱり答えられません。答えられる酔狂な方がいたとしても、それはあくまで個人の勝手な考えであって、大半の国民には共有されないのです。

「自分」とは「国家の物語」です。これを取り戻すことこそが、政治が主導していかなければならない国民的課題です。日本がこれまで何を目指してきたのか。そのために、私たちの先輩たちは、いかなる思いを持って、いかなる営みを歴史に刻んできたのか。それらの使命の尊さが理解されなければ、真の愛国心は生まれません。そして、愛国心なしでは、今、日本が直面している、自己犠牲を伴う困難な課題を乗り越えることはできないのです。

大げさに聞こえるかもしれません。しかし、これが旧大蔵省で12年間仕事をし、政治活動10年、うち7年間、国会議員をやってきた者の率直な感想であり、信念です。また、私は子供の頃から、米国に18年間ほど暮らしてきました。大蔵省に入ってからも、留学2年間、ワシントンのジョージタウン大学で国際関係論の修士を修了しました。そういう体験からも、日本人の国家意識の希薄さに違和感があるのかもしれません。

次ページアメリカ人と国旗
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 逆境からの人々
  • エネルギーから考えるこれからの暮らし
  • CSR企業総覧
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権大研究<br>行方を占う5つのポイント

歴代最長の7年8カ月に及んだ安倍政権から何が変わるのか。「自助」好き、「経産省内閣」の継承の有無、解散総選挙など5つの観点で読み解きます。エコノミスト17人へ緊急アンケートを実施、経済見通しと課題も浮き彫りに。

東洋経済education×ICT