北神 圭朗
北神 圭朗(きたがみ けいろう)
前 衆議院議員/首相補佐官

1967年生まれ。生後9ヶ月、父親の仕事の関係で渡米(ロサンゼルス)。 米国サーバイト高校卒業後、帰国し、京都大学法学部に入学。1992年、大蔵省入省、主税局総務課主任・係長、総理秘書官補、金融企画局総務課課長補佐、金融庁監督部保険課課長補佐などを歴任。2002年、財務省に辞め、民主党候補として出馬するも、次点で敗北。2005年に初当選し、2009年に再選。野田内閣で経済産業大臣政務官、内閣総理大臣補佐官などを務める。2012年の選挙にて次点で敗れる。World Economic Forum(ダボス会議)「Young Global Leader 2007」選出
 

※このプロフィールは、東洋経済オンラインに最後に執筆した時点のものです。
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
会計新基準<br>「売上高」が変わる

売上高が6割減にもかかわらず、営業利益は増えた企業も現れた。会計の新基準を適用した結果だ。全産業にかかわる過去最大の基準変更が今年から徐々に広がっていく。