結局、日本人が甘いからつけこまれる

中国や韓国からナメられないためには(下)

前回(記事はこちら)に続き、中国とシンガポールの奇妙な共通点をさぐる。現在の中国の共産党政権が、いかにシンガポールから学んでいるかという話である。場所は、シンガポールのアメリカンクラブ。日本人経営者の北原氏(シンガポール、中国、米国で海外生活計12年、72歳)とジェームズ氏(英国滞在20年のシンガポール人経営者、52歳)、ビンセント氏(日本と英国への留学経験の長いシンガポール人弁護士、58歳)と、筆者の4名だ。

前回は、旧正月に倒れた、リー・クアンユー元首相の話題が中心だったが、今回は、今の中国共産党の根本思想に最も近いのは、「秦」の基礎を築いたといわれる商鞅(しょうおう)、紀元前390年 ~同338年)による「法家思想」ではないかとの意見が出て、議論はますます白熱した。結局、日本人はなぜナメられるのか、に対しての答えも見つかった。

北原:みなさんは秦の孝公に仕えた側近の商鞅という、まあ言ってみれば法家思想の生みの親を知っていますか?この人物こそ、秦が独立国家になるまで徹底した政治改革を実行して富国強兵策による中央集権国家体制を築いた人物ですよね。

次ページいきなり秦の商鞅。でも歴史にこだわらず読み進めよう
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 最新の週刊東洋経済
  • 御社のオタクを紹介してください
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT