結局、日本人が甘いからつけこまれる

中国や韓国からナメられないためには(下)

ビンセント:中国のパラノイア的手法には主に2つの要素があります。
まず第1は、「激しい攻撃性や誹謗中傷」です。文化大革命の時に知識人に自己批判させた時も、万座の前で土下座をさせます。弱肉強食というような考えで弱者に対して攻撃的ですから、誰も政府に逆らえなくなります。

2つ目が「異常な独占欲」です。尖閣諸島の問題は、まさに中国の独占欲そのものですが、過去の経過などはまったく無視されるのが当たり前なんです。共産党の1党独裁は必ず維持できると信じているから、今後も独占欲はさらに増大して来るんじゃないでしょうか。

北原:でも、こう言ったパラノイア的なやり方だけでは、いずれ限界が出てくると思いますが、華人の流れをくむシンガポール人の立場から見るとどうですか?

ジェームス:シンガポールの場合は、妄想的、偏執的な政治手法でも、「良い国家にしたい」という理想主義が根本にあったから、国民がそれを認めたし、事実シンガポールは世界でも稀な豊かで安全な国家になったんです。また、シンガポールは小国であったからこそ、改革が実行できたという面もあります。

ビンセント:シンガポールも確かに華人の国家ですが、今の中国は多民族で、あまりにも超巨大国家ですから、複雑すぎて「商鞅の変法」も、リー・クアンユー的な理想主義を目指すこともたぶん、無理だと思いますよ。世界一のアンチパラノイア国家の日本とパラノイア国家の中国を足して2で割れば、ちょうどバランスの取れた国になるんですがねえ。

(撮影:今井 康一)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
約10年で3000店が消滅、「町の本屋」の切実事情
約10年で3000店が消滅、「町の本屋」の切実事情
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT