バーで、コミュニケーション・トレーニング(上)

ミスしたって大丈夫。それがバーのいいところ。

こんにちは、矢田部です。東京、下北沢で「割らない酒」をコンセプトにしたバーをやっています。

今回と次回は、主に若手ビジネスパーソンの方向けに、バーという場を使った、コミュニケーション・スキルの磨き方について、お話ししていきたいと思います。

 

いろいろ、理不尽ですよね。

先輩・後輩の上下関係に厳しい、体育会系の部活動出身者なら、難なく乗り越えられるであろう、社会に出てからの上下関係。

でも、もし、あなたに、そうした中で揉まれるような経験がなかったとしたら。

リベラルな両親が常にあなたの意思を尊重してくれる、穏やかな家庭環境のもとで育ったとしたら。

就職後は、「何、これ!?」と、憤慨する理不尽な経験を、山ほど積んできたことでしょう。

「仕事もできないくせに、オレより入社年次が早いからって、何だよ、あのいばった態度は」

「(飲みの席で)無礼講だっていうから、敬語なしに思ったことをそのまま話したのに、何で、次の日、上司に呼ばれて説教されなきゃいけないの。取締役だって、会社に雇われているっていう点では同じっしょ」

次ページ大人の人間関係は、タテ、ヨコ、ナナメ?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ドラの視点
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT