バーで、コミュニケーション・トレーニング(上)

ミスしたって大丈夫。それがバーのいいところ。

こんにちは、矢田部です。東京、下北沢で「割らない酒」をコンセプトにしたバーをやっています。

今回と次回は、主に若手ビジネスパーソンの方向けに、バーという場を使った、コミュニケーション・スキルの磨き方について、お話ししていきたいと思います。

 

いろいろ、理不尽ですよね。

先輩・後輩の上下関係に厳しい、体育会系の部活動出身者なら、難なく乗り越えられるであろう、社会に出てからの上下関係。

でも、もし、あなたに、そうした中で揉まれるような経験がなかったとしたら。

リベラルな両親が常にあなたの意思を尊重してくれる、穏やかな家庭環境のもとで育ったとしたら。

就職後は、「何、これ!?」と、憤慨する理不尽な経験を、山ほど積んできたことでしょう。

「仕事もできないくせに、オレより入社年次が早いからって、何だよ、あのいばった態度は」

「(飲みの席で)無礼講だっていうから、敬語なしに思ったことをそのまま話したのに、何で、次の日、上司に呼ばれて説教されなきゃいけないの。取締役だって、会社に雇われているっていう点では同じっしょ」

次ページ大人の人間関係は、タテ、ヨコ、ナナメ?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 内田衛の日々是投資
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ナベツネが腹を割って語る<br>政治、そしてメディアの未来

読売新聞主筆として93歳の今も、社論をまとめる要の役割を果たしている渡邉恒雄氏。安倍首相と定期的に会食するなど、なお政治のキーマンでもある。歴代の首相を知る同氏は現在の政治とメディアをどう見ているのか。本誌編集長がインタビュー。