海洋堂「風神雷神」フィギュアに会える街

上野で名画詣で、粋な楽しみ方

お正月は海外旅行も帰省もしない、福袋にも興味ナシ……という人は、上野の東京国立博物館に行ってみてはどうだろう。

博物館も進化しているから、中学生のとき行ったきり、という人は、かなり印象が変わるはずだ。とくにお正月は、特別に公開される作品や子供向けのアクティビティもあり、一人でも家族でも楽しめる。

国宝 長谷川等伯筆《松林図屏風》右隻 安土桃山時代 16世紀(1月2日~14日に展示) 日本の水墨画の最高傑作といわれる

お正月の展示の目玉は2つ。「新春特別公開」と「東洋館リニューアルオープン」だ。

「新春特別公開」では、水墨画の最高傑作とされる長谷川等伯の《松林図屏風》(国宝)、尾形光琳《風神雷神図屏風》(重要文化財)などが、1月2日~14日に限って展示される。どちらも人気が高く、これを見るためにわざわざ足を運ぶ人も少なくない。

あの”要注意作家”も憧れる、水墨画の最高傑作

≪松林図屏風≫には、霧の立ちこめる松林が描かれている。絵の前に立つと、あたりはしーんと静まり返り、自分の足元までもやに包まれていくようだ。長谷川等伯は能登で仏画を描いていたが、30代のとき京都に出て、豊臣秀吉や千利休に重用される絵師に上り詰めた。

画像を拡大
会田誠《電信柱、カラス、その他》2012年 Courtesy: Mizuma Art Gallery(森美術館で3月31日まで開催中の「会田誠展」で展示中)

前回紹介した森美術館の「会田誠展 天才でごめんなさい」には、この作品の空気感を思わせる《電信柱、カラス、その他》という作品が展示されている。

会田は≪松林図屏風≫のコピーをアトリエに張っておいて、絵の雰囲気や格調のようなものを吸収して制作したのだという。

お次の《風神雷神図屏風》は、江戸時代の天才絵師、尾形光琳の代表作。まばゆい金をバックに、右には白い風袋で疾風を起こす風神、左には太鼓で雷鳴をとどろかす雷神が、黒雲とともに描かれている。計算された構図、ユーモラスな鬼の表情が印象的だ。

重要文化財 尾形光琳筆《風神雷神図屏風》江戸時代 18~19世紀(1月2日~14日に展示) 誰もがどこかで目にしたことがあるのでは?
 
 

 

次ページリニューアルする東洋館がアツい
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT