猪子さん、マッキンゼーは嫌いですか?(上)

すべてのビジネスはアートになる!

ビジネスパーソンにとって、論理的な思考はとても大事な能力です。ただ、それだけでは、インパクトのある事業を創造することはできません。
「インパクト志向」については、『インパクト志向』(田中裕輔著)の中で、詳しく説明されている。
いちばん大切なのは、「思考」ではなく、「志向」です。「限られた人生の中でどんなインパクトを与えたいか?」――それを考え抜き、世の中のイシュー(重要な問題)を解決することによって、インパクトある事業が生まれるのです。

この連載では、『なぜマッキンゼーの人は年俸1億円でも辞めるのか?』『インパクト志向』の著者であり、靴のネット通販を営むロコンドの田中裕輔さんが、各界で大きなインパクトを与える新世代リーダーと対談します。第1回目はチームラボ社長として、ウルトラテクノロジスト集団を率いる猪子寿之社長です。

 田中:ぼくは「ロコンド」という靴のECサイトを運営しているんですが、まだまだ駆け出しの身なので、いろいろな方に会って勉強したいと思い、この連続対談企画「インパクト対談」を始めました。第1回の相手が猪子さんなんです。

猪子:光栄です。

田中:ぼく、マッキンゼーにいたんですけど、猪子さんはマッキンゼーがお嫌いだと聞きました(笑)。

猪子:ええっ?!

田中:大嫌いだといううわさが(笑)。

猪子:嫌いとか、言ってないよ~。

田中:マッキンゼーには確かに同じようなタイプの人間が多くて、ちょっと違うタイプの方にお話を聞きたいな、と。それで今回の対談にあたって、チームラボのことを少し勉強したんですけど、よくわからないことがあって。

猪子:……靴、買うんですか?

田中:えっ? 誰がですか? お客様がですか?

猪子:うん。

田中:結構、買っていただいています。今月は一応、月商3億円ぐらいはいけそうな感じで。

猪子:わー、すごい!!!

田中:まあなんとか。これを早く3倍、10倍にしようってことで、特に起業家で成功されている方からいろいろ学びたいんですが、まずチームラボの事業内容というか、どうやって儲けてるのかな? と、単純に疑問に思ったんですが。

何か制作をしてビジネスをやるということなのか、それとも、とりあえずアートを作って売るということなのか。

猪子:いや、とりあえず普通に制作をして、ソリューションして。

田中:先に受注があって作るという感じなんですか?

猪子:そうですね。

次ページどうしたら猪子さんと仕事できますか?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 日本と中国「英語教育格差」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
自動車「コロナ不況」が促す<br>部品業界サバイバルの行方

コロナ危機の自動車部品メーカーへの影響は、過剰な設備と人員を抱えていた日産系でとくに深刻。比較的堅調だったトヨタ、ホンダ系も無傷ではありません。世界レベルでの技術開発競争は激化の一途で、生き残りへの再編と淘汰が始まろうとしています。