猪子さん、マッキンゼーは嫌いですか?(上)

すべてのビジネスはアートになる!

ビジネスパーソンにとって、論理的な思考はとても大事な能力です。ただ、それだけでは、インパクトのある事業を創造することはできません。
「インパクト志向」については、『インパクト志向』(田中裕輔著)の中で、詳しく説明されている。
いちばん大切なのは、「思考」ではなく、「志向」です。「限られた人生の中でどんなインパクトを与えたいか?」――それを考え抜き、世の中のイシュー(重要な問題)を解決することによって、インパクトある事業が生まれるのです。

この連載では、『なぜマッキンゼーの人は年俸1億円でも辞めるのか?』『インパクト志向』の著者であり、靴のネット通販を営むロコンドの田中裕輔さんが、各界で大きなインパクトを与える新世代リーダーと対談します。第1回目はチームラボ社長として、ウルトラテクノロジスト集団を率いる猪子寿之社長です。

 田中:ぼくは「ロコンド」という靴のECサイトを運営しているんですが、まだまだ駆け出しの身なので、いろいろな方に会って勉強したいと思い、この連続対談企画「インパクト対談」を始めました。第1回の相手が猪子さんなんです。

猪子:光栄です。

田中:ぼく、マッキンゼーにいたんですけど、猪子さんはマッキンゼーがお嫌いだと聞きました(笑)。

猪子:ええっ?!

田中:大嫌いだといううわさが(笑)。

猪子:嫌いとか、言ってないよ~。

田中:マッキンゼーには確かに同じようなタイプの人間が多くて、ちょっと違うタイプの方にお話を聞きたいな、と。それで今回の対談にあたって、チームラボのことを少し勉強したんですけど、よくわからないことがあって。

猪子:……靴、買うんですか?

田中:えっ? 誰がですか? お客様がですか?

猪子:うん。

田中:結構、買っていただいています。今月は一応、月商3億円ぐらいはいけそうな感じで。

猪子:わー、すごい!!!

田中:まあなんとか。これを早く3倍、10倍にしようってことで、特に起業家で成功されている方からいろいろ学びたいんですが、まずチームラボの事業内容というか、どうやって儲けてるのかな? と、単純に疑問に思ったんですが。

何か制作をしてビジネスをやるということなのか、それとも、とりあえずアートを作って売るということなのか。

猪子:いや、とりあえず普通に制作をして、ソリューションして。

田中:先に受注があって作るという感じなんですか?

猪子:そうですね。

次ページどうしたら猪子さんと仕事できますか?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT