その男、凶暴につき ヤバイ日本建設大綱<上>

猪子寿之・チームラボ社長に聞く

猪子寿之・チームラボ社長--「その男、凶暴につき」!“ヤバイ日本”建設大綱[上]

何が驚いたといって、出迎えてくれた広報担当氏は、映画『アバター』、あのナディ族ばりの見事な弁髪だった。聞けば、前職はスウェーデンでゲーム雑誌の編集長。スウェーデン語もままならないのに(当人はもちろん日本人)、3年半、勤め通し、つい2カ月前にチームラボに。おいおい、この会社、2カ月の新人に広報を任せるのかい。

そして、ちょっと遅れて登場した主人公、猪子寿之である。190センチメートルに近い偉丈夫。それこそ、ナディ族の戦士のように、目に力がある。と思ったら、「お昼、食べられました?」。もちろん。「食べながらで、いいですか」。どうぞどうぞ。コンビニ弁当が開かれた。不思議な“柔らか”オーラが発散し、瞬間的にこちらが武装解除されてしまった。

グーグルの向こうを張る産経「iza」の革命

世界的なコンサルタント会社、タワーズワトソン(ワトソンワイアットとタワーズペリンが合併)の日本法人代表、淡輪(たんなわ)敬三にとって猪子は、「最初からヘンタイ」だった。

淡輪は若手のベンチャー経営者たちと勉強会兼飲み会の「ヘンタイ会」を主宰している。ヘンタイと言われるくらいでなければ、世界にインパクトを与える経営者にはなれない。それが、会の名前の由来だが、当初からのメンバー、若林龍成(ビービット副社長、京大講師)が「それでは飛び切りのヘンタイを連れてきます」。現れたのが、猪子である。

猪子とチームラボはフツーではない。一つ。2006年、グーグルの向こうを張って、検索エンジン「サグール」を開発した。すでにグーグルの絶対優位が確立し、検索エンジンの開発会社が日本から消え果てていた。だが、検索エンジンは文字どおり情報化社会のエンジンである。

「それって、自動車産業で国が食べていこうというときに、内燃機関が作れないのと同じ。そんな国、ヤバイじゃないですか。とにかく、やろう。白虎隊です、白虎隊」

開発するなら、オリジナリティを出したい。マイクロソフトのエンジンもヤフーも、グーグルに引っ張られ、リンクが多い順にページランキングが上位に来る設計である。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 中学受験のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。